炭火焼を超える今治の鉄板焼鳥「世渡(せと)」

伊予の旅で今治に来たので、名物の鉄板焼鳥を食べに「世渡(せと)」に行きました。
炭火焼きの焼鳥ではなく、鉄板で鶏を焼くそうです。
また、重しをすることで、非常にジューシーとのこと。

R0016789

一見高級そうなお店ですが、店内のメニューと価格を見て安心しました。

R0016790

まずは、鉄板焼鳥の定番「皮焼き」(300円)を注文。
普通の焼鳥の皮はゴムみたいで嫌いなのですが、
ここの皮は非常に香ばしく、しかも身もついています。

また、甘ダレが非常に絶品で、サービスのキャベツを付けて食べます。
キャベツを3杯も食べちゃいました。

R0016791

「ピーマン」(300円)は肉詰めで、生醤油をかけて食べます。
鶏ミンチもうまい。

R0016792

「せんざんき(鶏の唐揚げ)」(400円)はジューシーで、
噛んだ瞬間に肉汁が口の中にあふれます。

R0016793

「もも焼き」(700円)は鶏の腿1本がまるまる焼かれています。
豪快にかぶりつくとのこと。
塩味が効いていて、ジューシー。

R0016794

「皮酢」(400円)はポン酢と刻みネギがあしらわれています。
箸休めにちょうどいいです。

R0016795

「きも焼き」(300円)はとてもにやわらかく、
いままで食べたことのない食感です。
レバーは好きなほうなのですが、ここのレバーはいままで食べた中で一番おいしい。

と、うまいものずくめのお店でしたが、
ご主人の感じがよかったです。
四国の男というんですかね。豪快でした。

また、非常にお客さんを観察していて、
キャベツのおかわりや次の注文を聞いてくれます。
飲食店に勤めた経験がないので、よくわかりませんが、
常連でもないのにここまで気を遣われることは初めてです。

今治の鉄板焼鳥は想像以上にうまかったです。

世渡 (焼鳥 / 今治)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中