iPhoneを使い始めて1年が経って感じる、iPhoneを持って得をする人

iPhoneを使い始めて1年が経ちましたが、日常の生活を変えてしまうくらい便利なもので助かっています。

しかし、iPhone買って後悔している人も多く、万人がそうではないと思います。そこで、今回は、自分の利用方法を説明しつつ、どんな人にiPhoneが向いているか考察してみます。

Googleに依存している人。スケジュールやメール、アドレス帳、その他諸々でGoogleを活用していれば、使い勝手がいい。これはiPhoneだけではなく、Androidでも同じ。

お金をかけられる人。フリーアプリだけでもいいけれども、優良なアプリのために自己投資しないと、性能を活かせない。だから、Microsoft Officeなどを自己投資として購入・アップグレードすることを躊躇う人には向かない。ここがAndroid派との分かれ目かもしれない。

首都圏に住んでいて、電波が弱くてもいい人。iPhoneというよりも、SoftBankのせいなんだけれども、電波がとにかく弱い。だから、二台目もしくはメール中心でコミュニケーションをとる人ではないと辛いかもしれない。

MacやPCのようにネットを使いたい人。ケータイのフルブラウザだと、なんだかんだで制限が大きい。ただし、Flashが見れないので、この要件が大きい人はAndroidにすべきだと思う。

iTunesで音楽を管理している人、iPodを使っている人。まとめるのはほんとうに便利。利便性を求める人には最適だと思う。

充電の手間に耐えられる人。バッテリーが一日もたないので、職場で充電したり、予備のバッテリーを持ち歩く手間がかかる。

パケット定額サービスに加入していて、定額まで使い切る人。パケット定額が必須なので、メール無料プランでパケットをあまり使わない人は料金が上がります。SoftBankにかかわらず、docomoやauでも同じです。

生活はどう変わったか?

個人的には便利なアプリが多く、電子辞書や書籍、新聞、ノートPC、大量の書類など、かさばっていたものがまとめられて生活が変わりました。

いままで、休日でも仕事で待機していたり、仕事道具を持ち歩いていましたが、出先で添付書類を確認できますし、大量の書類もPDFにして持ちあるけば、荷物量は天と地の差です。

また、すぐに使えるので、いろいろな連絡へのレスポンスもすぐにできます。Bluetoothキーボードがあれば、ポメラ代わりにもなりますし(この文章もそうです)。ノートPCなしでも、大抵のことができるのは素晴らしいと思います。


iPhoneからの投稿。
あとで追記する可能性があります。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中