多摩蘭坂の隠れた名店「タルムリエ」

地元で噂のタルムリエに行きました。

RCサクセションの歌で有名な多摩蘭坂にあります。


自然派のパン屋として老舗ですが、ひっそりと佇んでおり、
通りにあるにもかかわらず、スルーしてしまいました。
(何度も通っている道なのですが、気づきませんでした)

左上から、カンパーニュ(ハーフサイズ)、カランツ、楽建寺パン、黒玄米パン(ハーフサイズ)。
どれも、その小ささからは想像できないくらいズッシリしています。

お店の名物はカンパーニュ。
ライ麦の風味がほどよくきいており、食べやすいです。

カランツはやや甘いパンで、サイズの倍くらいの食べ応えがあります。

楽建寺パンは、長芋やニンジンが入っているのですが、
もっちりというよりも、生まれて初めてのふわふわした食感です。
外側はしっかりしたハードパンなのですが、ほんとうに不思議なパンです。

黒玄米パンは、黒米の甘みが引き立っており、
こんがり焼くと、さくさくの食感を楽しめます。

値段はカランツの140円~楽建寺パンの400円と、標準的な価格。

いままで食べたパンのなかでも、ベストかもしれません。
都心の有名店にまったくひけをとりません。

関連ランキング:パン | 国立駅西国分寺駅

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中