観光客としてままかり寿司を食べに行った「福寿司」

岡山といえば「ままかり」。
ままかり寿司を食べに、福寿司に行きました。

DSC05132

ランチメニューがありますが、別途、ままかり寿司を頼みました。

DSC05135

1貫200円で注文でき、お吸い物が付きます。

ままかりは、ニシン科の魚で、酢で締めたものをいただきます。
酢で締めた魚は好物なのですが、ままかりの語源のとおり、
止まりません。

柔らかいので、尻尾や骨も気にせず食べられます。
岡山に観光に行った方は、ぜひ食べてみてください。

ちなみに、お土産で購入した甘露煮では、骨が残っていたので、
酢締めのこちらをオススメします。

ウィキペディアでは、ままかりは次のように説明されています。

ママカリは「飯借り」と書き、「飯が進み、家で炊いた分を食べ切ってしまってもまだ足らず隣の家から飯を借りてこなければならないほど旨い」に由来する呼称である。
ハラカタは腹部の鱗が硬く発達していることに由来する。ママカリ料理(酢漬、ママカリ寿司など)は、岡山県の郷土料理となっている。

関連ランキング:郷土料理 | 岡山駅岡山駅前駅西川緑道公園駅

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中