Air Pegasus +27からNike Free Run +3へ履き換えた感想

素足感覚は本当だった!

ゆるジョギングを始めて2年以上が経ちました。

挫折するかと思いきや、意外にハマり、業界の10km健保大会にも出場しました。
そのうち、ハーフマラソンにも出場したいです。

2012-11-10 17.37.37

左側のAir Pegasus +27を2年履き、約600kmを走りました。

Air Pegasus +27はクッション性が良好だが、普段履きにはいまひとつ

履きつぶしたAir Pegasus +27は、初心者ランナー向けのモデルで、
定価はNike Free Run +3とあまり変わりません。

こちらはAirが入っている分、
クッション性が高く、ピョンピョンした走り心地です。
足を痛めにくいので、走るのが初めてという人にはオススメです。

ただし、ぬれたアスファルト上では滑りやすいので注意しましょう。

また、見た目がいかにも競技用シューズなので、
街で履くには適さないかもしれません。

Nike Free Run +3は素足感覚でデザイン性が高いが、踏ん張り力が必要

今回購入したNike Free Run +3は、Airがなく、ソールが薄いです。
その分、グリップ力が強く、素足感覚で走ることができます。
「吸い付く」という表現がマッチすることでしょう。

ただし、その分、踏ん張る力が求められるので、
流行り物だからといって、本当の初心者が履かない方がいいと思います。

コンプレッションウェアのように密着するので、
普段よりも0.5cm大きいサイズをチョイスしました。
試し履きは必須でしょう。

また、デザイン性が高いので、アメカジなどに合わせて街でも履くことができます。

広告

Air Pegasus +27からNike Free Run +3へ履き換えた感想」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Air Zoom Structure 17とRoad Glove 2を試す | 【GuroBlog】東京たべあるき・おさんぽ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中