ThinkPad Edge 11をWindows8にアップグレードしたファーストインプレッション(2週間後に追記)

Windows8 Proへ3300円でアップグレードできるとのことなので、
ダウンロードをして、Windows7からWindows8へアップグレードしました。

準備

まずはLenovoのサイトで表示されているアプリケーション等を削除します。

そして、Windows8サイトからファイルをダウンロードして実行します。
環境チェックを経て、Windows8をインストールします。

インストール後

ThinkVantageのアプリケーションの多くがWindows8に対応していないので、
Lenovoの対応を待つしかなさそうです。

しかし、System Updateが対応しているので、ダウンロードページからダウンロードできます。

また、ATOK2010が対応していないので、ATOK2012を購入しました。

ThinkVantage Toolboxが使えない!

ThinkVantage ToolboxがWindows8に対応しておらず、
PC Doctor Toolboxに油症アップグレードしてくれとうながされてショックを受けましたが、
実は、Lenovo Solution Centorに移行した模様です。

ThinkPadユーザーにとっては死活問題なので、きちんとアナウンスしてほしいものです。

※会社のWindows7 Proモデルでは、System Update経由で、Lenovo Solution Centorにアップグレートしていました。

数日使用した感想

いまのところ、正直使いにくいです。
ただ、慣れると使い勝手がよくなりそうなので、期待度は高いです。

スタートメニューがないのと、コントロールパネルをすぐに呼び出せないのがストレスを感じます。
また、独特の操作も多いので、Windows8の入門書に目を通さないとならないかもしれません。

話題のWindowsアプリは、デスクトップやブラウザ上での操作でも十分ではないかと思います。
最適化されたタブレットならば、感想も違うかもしれません。

新ショートカットを覚えると劇的に便利に

上記のように、使いにくいと思っていましたが、
下記のショートカットを覚えることで、劇的に使いやすくなりました。

Webブラウザで検索するように、Windows8を使いこなせます。

  • Win+D(B):デスクトップを表示
  • Win+Q:アプリケーション一覧を表示
  • Win+Iキー:電源オフが含まれる設定メニューを表示
  • Win+X:管理メニューを表示

ThinkPadユーザーのトラックポイント使いには辛い時代?

WindowsアプリはiOSやAndroidのようにピンチやスワイプに対応しているので、
トラックポイント使いには辛い時代になるかもしれません。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中