ロマノフ王朝伝統のホテルパン製法に感動する立川の「monsieur IVAN(ムッシュイワン)」

立川駅北口から「若葉町団地」行のバスに10分くらい揺られ、
「砂川九番」バス停で降りたところにある「ケヤキモール」にある
monsieur IVAN」に行きました。

IMG_0187

地元で有名なお店とのこと。

IMG_0188

ハードパンとソフトパンが混ざった「ランチセット(600円)」を食べました。
野菜たっぷりのスープとサラダが入ってこの値段は驚きです。

スープとサラダもおいしいのですが、
もちろんパンがおいしい。

Vバタール、イングリッシュパン、ベーグル、メロンパン、
甘い菓子パンがありましたが、すべておいしい。

ハードパンは外がサクサクで中がもっちりしている
いかにも日本人好みの味で、いうことありません。

メロンパン、菓子パンもそれぞれおいしいのですが、
とくに、ナッツやドライフルーツ入りのベーグルが絶品。

IMG_0189

もちろん、いろいろ買って帰りましたよ。

個人の好みがあると思いますが、私のベスト5に入りそうです。
ちなみに、ほかの4店は

銀座の「ビゴの店」
渋谷の「Viron」
国分寺の「キィニョン」
荻窪の「Honey」

ですかね。ドミニク・サブロンやメゾン・カイザーも捨てがたいのですし、
まだまだ行ってない店がたくさんありますが。

それから何度か購入しています。

最近では、国分寺のマルイの地下にも出店しているので、
最近は購入回数が増えました。

2012-12-24 18.27.04

この日は、バゲットやフィグを購入しました。

2012-12-24 18.39.48

中には果実がぎっしり入っており、どれも本格的なハードパン。
購入するたびに、驚きを受けます。

関連ランキング:パン | 東大和市駅泉体育館駅砂川七番駅

広告

ロマノフ王朝伝統のホテルパン製法に感動する立川の「monsieur IVAN(ムッシュイワン)」」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 最高の食パンと外れなしのパン。国立「アカリベーカリー」 | 【GuroBlog】東京たべあるき・おさんぽ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中