唐辛子と山椒の辛さと痺れを一度に楽しめる!神田「カラシビ味噌らー麺鬼金棒」

神田の「カラシビ味噌らー麺鬼金棒」に行きました。

話題のお店なので、13時過ぎても少し並びます。

カラシビ味噌ラーメンを注文。780円。

唐辛子の辛さのカラ、山椒の痺れのシビを5段階から選べます。
友人に「辛すぎ」と聞いていたので、カラ、シビ、ともに普通にしました。
最上位の鬼増しはプラス100円。

最初に辛さ、あとから痺れがきます。
ただ、山椒の爽やかさが後から来るので食べやすいと思います。

スープはこってりしつつ、オロチョンのように油っぽくありません。
旨味があるので、水道橋の「表裏」に近い印象です。

麺は中太で、スープを程よく吸っています。
トロトロの豚の角煮があり、これが柔らかくてジューシー。
角煮を乗せたご飯もサイドメニューにあり、人気の高さがうかがえます。

ほかの具材として、ヤングコーン、玉ねぎの甘さがあるので、
味が単調にならず、最後まで楽しめます。

今回は普通の辛さにしましたが、辛いものが普通に食べられる人でしたら、
カラビシを増しにしてもいいと思います。

ちなみに、ご飯を頼んでスープを味わい尽くす人も多いようです。
際立つだけでなく、バランスがよく、意外と万人向けなお店だと思います。
味噌ラーメン、オロチョンラーメン、坦々麺が好きな方にはとくにオススメです。

カラシビ味噌らー麺 鬼金棒
昼総合点★★★★ 4.5

関連ランキング:ラーメン | 神田駅岩本町駅淡路町駅

広告

唐辛子と山椒の辛さと痺れを一度に楽しめる!神田「カラシビ味噌らー麺鬼金棒」」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: コシのある麺が特徴的な旨辛のガッツリ系ラーメン「麺総研紅 国分寺」 | 【GuroBlog】東京たべあるき・おさんぽ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中