日経電子版を3年弱、紙の日経新聞を4年読んで感じたこと

日経電子版を有料会員として購読して3年弱(2010年3月から)、
紙も含めて5年くらい日本経済新聞を読んでいます。

「このご時世、新聞なんて読んでも」と思う方は多いと思いますが、
気になる方も多いと思いますので、購読している感想をご紹介します。

いままで何度がブログで取り上げましたが、ここでまとめてみます。

株や投資信託をしている方には大きなメリットがある?

株をしている人にとってプラスになると思います。

企業の株価の動向情報が多分に掲載されているので、
たとえば、割安な株を知ることができますし、
会社のネガティブな情報を知った際に、安く株を購入できるチャンスを得ることができます。

また、Web上で「日経会社情報」を使いたい放題ですし、
「銘柄フォルダ」に所有している、気になる株や投資信託を登録できるので、
複数の証券会社に登録している情報を
日経電子版でまとめて管理することも可能です。
※日経新聞を読んでいるからしたくなる、人も多いかもしれません

個人の「マネー」情報がお得

紙面に掲載されていない、電子版だけのマネー情報は情報量が多く、
雑誌を購入しなくても、それなりの情報を得ることができます。

保険、相続、利殖、住宅など、テーマは幅広いです。

仕事に役立つか

仕事や個人によりけり、としか言いようがありません。
紙の日経新聞が役立つ人には、役立つとしかいいようがありません。

あえて言えば、専門分野を掘り下げるような方ではなく、「広く浅くビジネスの動向を知りたい方」には有効だと思います。
幅広い業種の方と仕事をする方にもいいかもしれませんね。

あとは、専門家のコメントの多いので、
専門家のリストをつくっているような方にも役立つと思います。

さらに、日経新聞を読んでいない人が多いので、
業務提携や新事業進出など、たった数十文字の記事内容を把握しているだけでも、
「業界をよく知っている」と思われることもあります。
ただし、これは「他業種」の人と話すことが前提です。

また、基本的な法令や規制の動向、トレンドがわかるので、そういった情報のモレをなくす、
という意味においては、期待以上の役割を果たしてくれると思います。

紙よりも電子版のほうが優れている点

次の点は電子版ならではのメリットだと思います。

  • キーワード検索
    →税制、法改正、福祉など、仕事に関係のあるキーワードにマッチする記事を毎日メールしてくれます。
  • 「日経会社情報」を無料で利用できる
  • 「銘柄フォルダ」に所有している、気になる株や投資信託をまとめて登録できる
  • 速報
    →速報をメールしてくれます。
  • イベントへの参加
    →平日が多いですが、優先的にセミナーなどのイベントに参加できます。
  • 記事クリップ
    →気になる記事は、カテゴリーを指定してクリップできます。Google Chromeなどを通じて簡単にPDFにできますし、資料への参考資料としても使えます。
  • 電子版独自のコンテンツ
    →既述したように、結構ためになります。
  • どこでも、すぐに読める
    →オートロックのマンション等の場合、いちいちポストまでいくのは億劫ですよね。帰りの電車でも、夕刊をパパッと読めますし。

ソーシャルメディアや雑誌、書籍と併用すれば、より効率的な情報収集が可能

日経だけ読んでも、それだけで事足りるわけではありません。

私は、「Gunosy」などの個人の嗜好に合わせたソーシャルメディア、
FacebookやTwitterなどのSNS、
「BLOGOS」などの専門家や個人のブログ、
「○○経済新聞」などの地域メディア、
息抜きに娯楽情報が多いウェブメディアと併用しています。

あまり登録しても情報に溺れてしまいますが、
無料情報なので「見出し」で読む・読まないを判断してもいいと思います。

また、専門誌や書籍と併用することで、
立場の違う専門家の意見を比較することも大事だと思います。

このときに「日経新聞」が一種の基準になると思います。
「日経にああ書いてあるけど、この人は別の意見だな。あの人は一部違うな」等。
基準がなければ、そもそも考えられません。

ちなみに、紙で大手新聞も購読していますが、同じニュースでも視点が大きく違うので、考える練習や、仕事における切り口のヒントになると思います。
たとえば、社会福祉や税制、TPPなどの制度に関して、日経は会社(とくに大企業や高所得者)の立場からの視点ですし、某新聞は立場の弱い方の視点です。

2年ほど前に感じた不満はどうなった?

2年ほど前に感じた不満はどうなった検証してみます。

  • 「記事クリップ」の件数を増やしてほしい。100件は少ない
    →【改善】200件に増えた。
  • iPhoneアプリですべての機能を使いたい
    → 【改善】紙面ビューワーなどができた。
  • iPhoneアプリで広告も見たい
    →【改善】紙面ビューワーができた。
  • 検索件数を無制限にしてほしい
    →【変化無し】
  • 価格を2,500円くらいにしてほしい
    →【変化無し】
  • キーワード検索の条件数を増やしてほしい
    →【変化無し】
  • 印刷機能で図版も含めてほしい
    →【改善】
  • 週末のPLUS1も電子版にしてほしい
    →【変化無し】
  • その日に別冊があるのかわからない
    →【変化無し】
  • iPhoneアプリで2日分しかストックできない。せめて、指定した日をダウンロードできるようにしてほしい。1週間でいい
    →【変化無し】その日のうちに読むようになったので、必要がなくなった。
  • 電子版の紙面が1週間しか読めない。広告は週末にまとめて見るが、見過ごすと確認できない
    →【変化無し】紙面ビューワーでチェックするようになったので、必要がなくなった。

結局、月々4000円の価値はある?

私の場合、今までのエントリーでも記述しましたが、
「一般ニュースは、日経電子版と某大手新聞の朝刊、朝のTVニュースだけ」
とすることで、同じような情報を検索することを辞めています。

時間にして1時間くらいですが、一般ニュースはそれで終わり。
キーワードの掲載されている記事や速報はメールで知らされますし。

つくった時間で、家族サービスをしたり、友人と話したり、本を読んだり、体を動かしたりしています。
そのための代替サービスだと考えているので、妥当だと思います。

繰り返しになりますが、他業種の方と会う機会が多く、
「浅く広く経済情報をアップデートすること」が仕事で欠かせない方、
「専門家のリストが欲しい」方は元が取れると思います。

ただ、日経新聞に載っている内容では足りないような専門的な仕事の方だったり、
新聞の一部だけしか読まないような方は、あまり活用できないかもしれません。

あとは、無料情報のみを情報リソースとされている方は、
「ほかのサイトなどで無料でありそうな情報かも…」と、モヤモヤが晴れないと思いますので、
むしろ、「商品らしい」雑誌を購入したほうがいいかもしれません。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中