唯一無二のユニークなパン。神田「あつんこパン」

神田のあつんこパンに行きました。

居酒屋と併設されており、夜中まで営業しています。

店員の方がいない場合、居酒屋のほうに行けば注文を受けてくれます。

天然酵母を使っているとのこと。

奥のバゲット外はカリッとして、中はもっちり。
バゲットっぽくありませんが、これはこれでアリです。
初めての味だと思います。

手前右が名物の安納芋あんぱん。
少し乾いた食感で、手作り感があります。
内側に安納芋のペーストがあり、外側は紅芋(?)のカリカリ感を感じられます。
形と食感からして、カップケーキの型で焼いているのかもしれません。
期待以上です。

右手奥のショコラベリーはしっとりしており、
ベリーのカリカリした食感と見事に合っています。

切干&秘伝豆は油揚げ入り。
ふんわりと柔らかく、ほかの物とはだいぶ変わります。

総計で800円ほどと、リーズナブル。

最近はおいしいパン屋が増えましたが、「ここだけ」というお店は少ないと思います。
そのようななか、このお店のようにオリジナリティの高いのは嬉しいです。

隣接している居酒屋「元氣」も気になります。

あつんこパン
夜総合点★★★★ 4.5

関連ランキング:パン | 神田駅小川町駅淡路町駅

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中