電動T字ヒゲソリの使い心地「Schick vs. Gillette」

電気シェーバーよりも滑らかで爽快!電動T字ヒゲソリ

Braunなどの電動シェーバーではなく、
「○○パワー」と付く電動ヒゲソリがあります。
ヒゲにフォームをつけて剃る、昔ながらのT字ヒゲソリですが、
電動で振動することが特徴です。

アナログなヒゲソリに中途半端な機能を付けたかと侮っていましたが、
一度試してみると、信じられないくらいに滑らかな剃り心地、かつ、
剃ったあとの爽快感で、すっかり虜です。

電気シェーバーに比べると、肌を剃ることで代謝もよくなるようです。
Philipsの電気シェーバーが肌にやさしいといわれており、
私も3枚刃のPhilipsのシェーバーを5年ほど使っていましたが、
あちらと遜色なく、肌にやさしいです。

今は深剃りできるといわれている、Braunの3枚刃のシェーバーも所有していますが、
カミソリのほうが深剃りでき、前日の夜に剃っても、翌日中もちます。

今回は、最新のシック ハイドロ5 パワーセレクト
ジレット フュージョン プログライド パワーを比べてみます。

前者は1年超、後者は2カ月ほど使用しています。

シック ハイドロ5 パワーセレクト

スムーサーの粘りが特徴的で、剃り跡をしっかり保護してくれます。
5枚刃なので、スーッと剃れますが、キワを剃るのは苦手だと思います。
キワを剃るために、カミソリの一部を動かすことができますが、
個人的にはあまり有効ではありませんでした。

1年ほど使用しましたが、電池はまだ交換していません。

振動を3段階変えられますが、私はいつも最強にしているので、
あまり意味がないかもしれません。

ジレット フュージョン プログライド パワー

剃ったことを感じさせないほど、剃り心地が自然で、
シックのほうが、やや引っかかる印象があります。
剃り心地は最高だと思います。

スムーサーが薄いので、交換時期は早いです。

なお、振動の強弱は選べません。

替刃のコストパフォーマンス

2014年3月11日現在、Amazonにて下記価格にて販売されています。

Amazonの価格は、ドラッグストアや量販店よりも割安だと思います。
同じ5枚刃で400円差と、この差は大きいです。

また、電動用の替刃のほうが100円ほど安くなっています。

総評

個人的には、剃り心地の滑らかさ、キワの剃りやすさという点で、
機能としては、ジレット フュージョン プログライド パワーのほうに軍配が上がります。

ただ、替刃の400円差は大きいので、毎日剃る人にとっては、
シック ハイドロ5 パワーセレクトにするメリットは大きいと思います。

どちらもお試しで1000円弱で購入できますので、
一度トライしてみる価値があると思います。

また、電動ではないT字カミソリユーザーの方、
電気シェーバーユーザーの方も、一度試してみてはいかがでしょうか。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中