うどん好きは必食!立川の絶品村山かてうどん「笑乃讃(旧えのさん)」

武蔵村山の笑乃讃に行きました。
武蔵村山のイオンモールのそばにあります。
バスで行く場合、立川駅北口からバスを利用します。

2014-04-26 12.44.20

2012年の秋以来の来店ですが、店名が漢字に変わっており、
改装されていて驚きました。

子供が小さいので、テイクアウトしました。
冷やしにするならば生麺がいいようですが、
今回はゆでた麺をもらいました。1玉150円。

2014-04-26 19.16.47

小松菜と豚バラの薄切り、だしの素を使って、
自家製武蔵野かてうどんにしてみました。
麺はそのままで食べるのがいいとのことなので、そのまま食べました。

麺はもっちり感が残っており、以前食べたおいしさを思い出しました。
讃岐うどんのコシの強さ、武蔵野うどんのふんわり感を両立しています。
もっちり感といったほうがいいかもしれません。

伝統的なやわらかい武蔵野うどんは東村山の「きくや」等が有名ですが、
讃岐うどんになれている若い方は、
コシのある最近の武蔵野うどんのほうがオススメです。

この2年の間に、都内のうどんの有名店にちょくちょく行きましたが、
こちらのお店のレベルは高いと思いました。
丸亀製麺などでうどんに興味をもった方には、とくにオススメです。

2014-04-27 12.39.15

オススメされた焼きうどんを作ってもらいました。蒜山焼きそば風。
ある程度のコシがあるので、焼いてももっちりとした食感が残っています。
醤油だけ、ソースをちょっと加える、どちらでもいけています。

お店でしか味わえないつゆ、うどん割、天ぷらを味わえないのは残念ですが、
家でも楽しめますので、お持ち帰りしてもいいと思います。
ゆでた麺は品切れの時もあるようですが、前払いして取り置きしてもらうこともできますので、
イオンモールや、近場のヴェルデなどに行く前に頼むのもいいと思います。

蛇足ですが、B級グルメの東村山黒焼きそばは、黒焼きうどんにすべきと、本気で思いました。
かてうどんという、地域の文化も汲めますし。

今とは違うと思いますが、以前、店内で食べた時のことは下記をご参照ください。

–以前の記事

武蔵村山のイオンモールそばにあるえのさんに行きました。

武蔵野うどんは、武蔵村山が有名で、
むらやま糧うどんともいいます。

肉汁きのこつけ麺を注文。700円。

並で1玉300g、大盛で1.5玉450g。
大盛で80円増でした。

コシがあって、ビックリするくらいおいしいです。
武蔵野うどんは、本来はコシがないのですが、
このお店は、いろいろなうどんを研究して、
このうどんに至ったとのこと。

麺はもっちりしており、武蔵野うどんのボソボソ感を完全に克服しています。
幅広のみみつき。

武蔵野うどんの定番、肉汁もバラ肉と、オリジナリティを感じられます。
すりごまと、ラー油を入れて、味の変化を楽しめます。

しつこくなく、中年の私でも完食。
最後はうどん湯割りで〆ました。

舞茸の天ぷらは250円。
この量は驚きです。

南天としては、麺が太い分、15分ほど結構待ちます。

ご主人のTシャツには、UDON FANTASISTAの文字が。
最高の一杯でした。

持ち帰りの生うどんは、二、三人前で300円で、もちろん購入しました。

笑乃讃
昼総合点★★★★★ 5.0

関連ランキング:うどん | 武蔵砂川駅西武立川駅上北台駅

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中