コシのある麺が特徴的な旨辛のガッツリ系ラーメン「麺総研紅 国分寺」

国分寺の麺総研紅 国分寺に行きました。

府中にある有名店で、つけ麺の紅葉の手前にあります。
グループの麺総研かなで・改は非常に気に入ったので、期待も高まります。
店内はしゃれた雰囲気です。女性ひとりでも気軽に入れると思います。

紅らーめんを注文。800円。
スタンダードな辛さで、名物とのこと。

スープは味噌の辛さ、辛味噌の辛さが両立しています。
ややどろっとしたタイプ。

麺は自家製で、コシがある。
弾力があるというよりも、やや堅めで、ゴワゴワしています。

スープが飛び散りやすい形状なので、面倒くさくてもエプロンをもらうのが無難。
席に着いたときに、エプロンの要不要を聞かれます。

普通でも、麺は220g、豚バラ肉80g、野菜250gと、十分な量。
大盛りにしなくても満腹になりました。

辛味噌といえば、オロチョンラーメンがありますが、それとも違う辛味噌ラーメンです。

お店で利用している水は特別なものみたいです。
氷も丸形でしゃれています。

オープンして間もないのに、店員の方は親切丁寧でした。

体調が優れない日でしたが完食。
汗も出たので、代謝もよくなったかもしれません。

ガッツリ行きたい人、辛いラーメンが食べたい人、二郎のように野菜をかっこみたいい人におすすめ。

神田のカラシビ味噌らー麺鬼金棒以来のヒット。
また、駅の逆側にある表裏や、肉そば系が好きな方にもオススメできます。

麺創研 紅 国分寺

夜総合点★★★★ 4.5

関連ランキング:ラーメン | 国分寺駅

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中