Zaimとマネーフォワード、Kakeibonを比較した

ココマネのサービス終了に伴う家計簿サービス探し

ココマネがサービス停止というお知らせを受けたので、家計簿サービスを移行することにしました。

家計簿歴10数年、最初はExcelに付けていましたが、
その後、当時に固定費に対応していたという理由でココマネに落ち着いていました。
ココマネは前年度比較など、とにかく分析ツールが使いやすかったので残念です。

以降する候補として、ZaimマネーフォワードKakeibonがありました。
永く使うサービスになるので、慎重に検討しました。

Kakeibon

旧OCN家計簿で、ココマネではこちらへの以降をうながしていました(半年間有料サービスが無料)。

ただし、無料ユーザーでは過去のデータを1年しか見られず、これでは当月の前年度比較までしかできません。

また、レシート撮影機能もZaimとの連携なので、これならばZaimにしたほうがいいと思いました。また、同じグループのサービスなので、ココマネのようにサービスが終了しそうな気がしてならなかったことも理由の1つです。

マネーフォワード

こちらも無料ユーザーでは過去のデータを1年しか見られず、しかも、無料ユーザーではレシート読み込みができません。また、支出だけではなく、銀行や証券会社などと結びつけられるのですが、シンプルに支出だけ管理させたいので、こちらはやめました。

マネーフォワードに向いている人

有料ユーザーにする前提で、資産管理までしたい人にはいいと思います。

Zaim

無料ユーザーでも過去1年以上のデータも閲覧できる、レシート読み取りができるので、消去法でこちらになりました。

ただし、分析ツールは貧弱です。ここ数ヶ月の支出の比較をしても意味がなく、1年を通してそれぞれの細目を比較したいです。

また、タブレットで円グラフが標準ですが、「月々の支出で食費が多い」なんて情報は1度わかればいいことですし、
「外食を減らすために自炊して、食費が増えた」なんてことに対応できません。
あくまで、総支出と細目を棒グラフにして、できれば前年度と比較させてほしいです。

Zaimに向いている人

クックパッドが作っているだけあって、「続ける仕組み」に目を見張るものがあります。また、無料ユーザーでレシート読み込みがあるのは楽です。

そのため、家計簿は三日坊主で続かない、お小遣い帳レベルからはじめたい。という人にはおすすめです。

広告

Zaimとマネーフォワード、Kakeibonを比較した」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ダンナのための家計簿入門 | 【GuroBlog】東京たべあるき・おさんぽ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中