武蔵野肉汁うどんの元祖。武蔵村山「小島屋」

武蔵村山の小島屋に行きました。

武蔵野肉汁うどんの発祥のお店と、
以前読んだ「散歩の達人 所沢・武蔵村山」に書いてあったので、
いつか行きたいと思っていました。

東村山からバスで行きますが、お店の裏に大きな駐車場がありますので、
できれば車で出かけた方がいいと思います。

肉汁うどんの特は850円。
特盛といっても、男性にはちょうどいいサイズだと思います。

麺は昔ながらの武蔵野うどんとしては、ややコシがあります。
ただ、他の席の方は「やわらかい」と言っていたので、
丸亀製麺所など、讃岐うどんに慣れている方はそう思うでしょう。

つけ汁はさほど辛くなく、少し甘めです。
大量のキュウリの盛り合わせも印象的。
なすの天ぷらもついています。

大量にゆでてストックする形式なので、
時間帯によっては、10分以上待ちます。

替え玉は105円。
お椀1杯分くらいのサイズです。

お店には畑の野菜も売っています。

お店にいた皆さんが「東京だけれども、実家の田舎を思い出す」と言っていましたが、
まさに、地方の都市の商店街にある田園風景だと思います。

お店の方も気さくで、待ち時間も気になりません。

多摩サイクリングロードからも近いので、サイクリングを趣味にしている方にもオススメです。

最後に、私は最初に今風のコシがある武蔵野うどんを食べたのですが、
元々は柔らかい麺が特徴的なうどんです。
つけうどんなので、讃岐うどんやつけ麺をイメージしがちですが、
その点は心得て食べると、武蔵野の郷土料理をいっそう楽しめると思います。

関連ランキング:うどん | 西武園駅武蔵大和駅

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中