お酒も楽しめる本格派そば店。谷保「きょうや」

谷保のきょうやに行きました。
以前から気になっていたお店です。

季節の桜えびのかきあげせいろは1600円。

 

 

天ぷらせいろも同じくらいの価格です。

手打ちそばやつゆの風味のよさ、
天ぷらのサクサク感と、非常に満足できるそばでした。

本格的なそばだけではなく、日本酒や酒肴も豊富です。
黒龍などもあり、価格も都心の居酒屋よりも良心的と思います。

昼時は混んでいるので、ちょっと時間をずらした方がいいと思います。

子連れでも問題ないですが、お酒も楽しむような本格的なお店なので、
夫婦やお酒を飲める友人と行く方がいいかもしれません。

きょうやそば(蕎麦) / 谷保駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

駅ナカの立ち食いそばの名店「狭山そば所沢店」

狭山そば所沢店に行きました。

駅ナカにあります。
二時半でも混んでおり、老若男女で賑わっています。

かき揚げそばは400円。
大盛は100増しです。

麺は少し太めで、粒感があります。
ソフト麺のため、すぐ出ます。

綿はもっちりしており、食感はいいと思います。
つゆは辛くなく、あっさり目。

かき揚げは人参、春菊、タマネギ。この価格でわかめもついています。

雑誌に出るような立ち食いそば店ですが、一度閉店したものの復活したようです。

狭山そば 所沢店立ち食いそば / 所沢駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

珍しいだけじゃない高コスパ博多うどん店「丼拓八重洲店」

東京駅八重洲口にある丼拓に行きました。

ヤマダ電機のほぼ隣にあります。
博多のうどんを食べられるとのことで、期待していました。

丸てんうどんは430円。柔麺大盛にすると120円プラスです。
博多独自の麺は「柔麺」なので、注意しましょう。
標準だと、讃岐うどんのような麺のようです。

ぱっと見で関西風のつゆですが、味付けはしっかりしています。

麺はふにゃふにゃではなく、最後のひとかみはコシが強いです。
麺はつゆをよく吸って、味が染みています。

まる天は厚く、甘味がすこしあります。

総合的にここまで満足度の高いうどんは久しぶりです。
個人的には、有楽町の交通会館にある「よかよか」よりも好みです。

なお、立ち食いです。

関連ランキング:うどん | 日本橋駅東京駅三越前駅

駅立ち食いそばの発祥!桜木町「川村屋」

桜木町の駅にある川村屋に行きました。

1900年創業で、駅の立ち食いそばの発祥とのこと。

天ぷらそばは370円。
大盛にできませんが、そこそこのボリュームがあります。
生そばとのこと。

麺は柔らかめで、粒が見えます。
つゆは濃いめで、出汁の風味はけっこうあります。

備え付けの唐辛子の風味も豊か。
立ち食いそばとして、レベルは高いほうではないでしょうか。

立ち食いそばといっても、椅子もあり、女性も多かったです。

なお、冷やしは別料金。

関連ランキング:立ち食いそば | 桜木町駅馬車道駅日ノ出町駅

中野駅前のガッツリ系そば店「田舎そばかさい」

中野駅前の田舎そばかさい、に行きました。

中野駅の車窓から見えるので、ずっと気になっていました。
21時くらいでも並んでおり、女性も多いです。

ちくわ天の普通盛は410円。
時間帯が遅いせいか、売り切れているメニューもありました。

つゆは見た目に反して濃くありません。
麺も見た目に反して柔らかく、粒感がそこそこします。
太めの麺は独特の食感です。

お店の特徴は天ぷらみたいですが、噂通り大きいです。
普通ならばそんなに量もないので、飲んだ帰りにもいいと思います。

関連ランキング:そば(蕎麦) | 中野駅

市川駅近くの本格立ち食いそば店「せね家」

市川のせね家に行きました。

駅南口のビルの2階にあります。

かきあげそばは400円。100円足して大盛りにしました。

立ち食いスタイルですが、注文して五分、混んでいると十分くらい待ちます。
カウンターチェアがあります。

注文すれば「冷」してくれるようですが、
今回は「温」にしました。

やや柔らかめのそばで、粒感があり、やや細めでし。
つゆは見た目よりもあっさりで、甘くもなく、濃くもなく、
ちょうどいい濃さでした。

かきあげは、小海老もあり豪華です。
そばのどんぶりと同じくらいの大きさ。

大きさにもかかわらず中までサクサクしており、
具材もたくさんあって大満足でした。

立ち食いでも時間がかかるものの、この味と価格ならば大満足です。
また、女性1人の方も多く、立ち食い、かつ、おいしいそばに興味のある女性にもお勧めです。

関連ランキング:そば(蕎麦) | 市川駅市川真間駅国府台駅

サイドメニューも充実、コシがある武蔵野うどん。青梅街道「福助」

青梅街道駅の福助に行きました。
国分寺駅から小平駅行きのバスに乗り、商工会議所前で降りるとすぐです。

お店は一軒家。
武蔵野うどん店には、家を解放しているお店も多いです。

ざるうどん(中)は750円。
600gとのこと。

讃岐うどんのように「白うどん」と、皮の内側の部分も挽いている「田舎うどん」を選べます。
今回は田舎うどんにしました。

つけ汁も選ぶことができ、プラス50円で肉汁うどんにしました。
豚肉の薄切りが入っています。

武蔵野うどんといっても、コシがしっかりあるタイプの麺です。
麺は手切りで、食べ応えがあります。
つけ汁は少し甘めに感じました。
コシがある武蔵野うどんとして、讃岐うどんに慣れている方にもおすすめです。

かき揚げは150円。
写真のとおり、つゆの小丼くらい、男性のこぶし大の大きさです。
ちょっとずつ崩して、つゆなどを付けながら食べます。
今までみたかき揚げのなかで、一番大きいかもしれません。
もちろん、中までサクサクです。

土日はお酒もいろいろ飲めるとのこと。
つまみのメニューも豊富です。
なお、お酒やサイドメニューが多いですが、夜は営業していないようです。

ちなみに、席で待てない子供はダメとのこと。
ゆでるのに時間がややかるので、そこは考慮しましょう。

 

福助

関連ランキング:うどん | 青梅街道駅新小平駅一橋学園駅