豊洲ららぽーとのOCEANS BURGER INNとLil’ Donutsららぽーと豊洲店

子どもが職業体験をできるキッザニア東京がある
ららぽーと豊洲に行ってきました。
ここだけを見ていると少子化ということばを忘れそうです。
 
親御さんもいろいろいて、ちゃんとしている人もいれば、
子どもが目を離した際に人にぶつかった際、
相手が悪くもないのに謝っているのに、
被害者顔して睨むような人もいて。
 
あと、ペットショップも多かったのですが、
犬と子どもの可愛がり方が同じような気がしてたまりませんでした。
いろいろな意味でおもしろかったです。
 
そんなこんなで腹も減ったので、「OCEANS BURGER INN」
というハワイ料理の店に行きました。
950円のモチコチキンプレートと850円のクラシックバーガーを注文。
 
モチコチキンはハワイの郷土料理で、ココナッツミルクのカレーと
キャベツの乱切りが添えられています。甘旨な味です。
ハンバーガーは豪快にほおばる感じですが、
この手のアメリカンなものにしてはあっさりしています。
バンズはフォカッチャみたいな柔らかい感じなので、
珍しいと思います。
 
ららぽーと豊洲は石川島播磨重工業の跡地らしく、
そのドックの名残があります。
お台場の眺めは横浜に比べると…という先入観がありましたが、
一面に広がる豊洲の風景もよいものです。
興味のある方はフォトアルバムを見てください。
 
ついでに、TVで見た「Lil’s Donutsららぽーと豊洲店」で350円の
プレーンリルドーナッツ(8つ)を購入しました。
小さいという意味でLilなのですが、ミスタードーナッツの
D-POPよりも大きいです。
 
サクサクではなく、ふんわり溶けるような食感です。
揚げたてよりもちょっと時間をおいたほうが
おいしいかもしれません。
生産工程が感動的です。
 
 
広告

九州料理を堪能 郷土の酒 九州

ちょっと前の話になりますが、
凹んだ昔の会社の同期を励ます会をしました。
 
新宿西口ヨドバシカメラ本店の脇を抜けたビルの地下にある、
「郷土の酒 九州 新宿店」で開催することに。
金曜日なので、30分くらい待ちました。
 
店内は結構狭いので、ちょっと窮屈です。
1500円のもつ鍋、20個1000円の鉄鍋餃子、辛しれんこん
などなど、九州の味が楽しめます。
価格も抑え気味なので、あまり財布を気にせずに飲めますし。
 
ただし、馬刺しについては現地のほうがおいしいと
思うのは気のせいでしょうか。
 
 

松濤で息抜きDexeeDiner Shoto

朝早めに著者のところに行き、
4時間くらいして帰る頃にちょうど昼時になりました。
せっかくなんで、著者さんの事務所近くの
「DexeeDiner Shoto」で昼食をとりました。
渋谷東急BUNKAMURAを右折して、
少しNHK方面に進んだ左手にあります。
 
個人的にハンバーグ系、丼系が好物なので、
750円の「Dexee風ロコモコ」を注文しました。
ひとりでカフェご飯ってのも、初めてですが、
あまり人気のない、この場所の
DexeeDinerじゃなきゃ恥ずかしいです。
 
 

湯島の隠れ家的イタリアン Bar Due

湯島天神の男坂のふもとにあるオープンテラスのある
イタリアンレストランが「Bar Due」です。
 
ランチの時間をすぎていたので、
1386円(サービス費込み)のトマトパスタを単品で頼みました。
店内は洒落た雰囲気で、店内の椅子は目立ちます。
ここら辺に来たときは和食が多かったのですが、
こういった店もあったんだと、店内を眺めてしまいました。
 
出てきたのは、彩り鮮やかを表したようなトマトパスタです。
菜の花、モッツァレラチーズ、ガーリック、
パプリカ、カリフラワー、そして皿の絵柄が調和しています。
 
細めのパスタのせいか、アルデンテというよりも、
やわらかい歯ごたえです。
トマトソースは酸味が少し強いものの、
全体としてフレッシュな感じがします。
 
お洒落でちっちゃいイタリアンレストラン
ということばがよく似合うお店です。
 

気軽に東銀座で本格フレンチ Rotisserie L’ecrin(ロテスリー・レカン)

東京メトロ東銀座駅A1出口を出て、
歌舞伎座の交差点を挟んだ斜め向かいの
ひとつ奥の路地を入ったところにある
フレンチレストランが「Rotisserie L’ecrin(ロテスリー・レカン)」です。
 
銀座にある「L’ecrin」は有名ですが、
こちらは相応の気合いがないと入れないと思います。
 
それにくらべて、「Rotisserie L’ecrin」は敷居はぐっと低くなります。
本格フレンチながら、ディナーコースは3900円からあります。
今日は、その3900円のAコースと白ワインのデカンタを頼みました。
 
内容は、
「シャラン産鴨と米沢豚のテリーヌとパルマ産プロシュート」、
「ロースト料理三種盛り合わせ」又は
「イサキのムニエル ソースジェネボワーズぶどうの香り」、
「デザート(写真はガトーショコラのキャラメルアイス添え、
チーズクレームブリュレ)」、「カフェ」です。
 
個人的には、前菜が結構気に入りました。
デザート系の甘酸っぱい味付けで、
食欲が進みます。
 
メイン以降、マナー違反ですが、せっかくなので分けてもらいました。
ロースト料理三種盛り合わせはフレンチポテトのせいか、
アメリカンな感じが漂っています。
鴨肉のローストがおいしい。
イサキのムニエルの皮がカリカリしていて、これもいけます。
 
デザートのガトーショコラは温かいガトーショコラに
キャラメルアイスが溶ける感じで、不思議な食感です。
クレームブリュレはおいしいのですが、
個人的に固形のほうが好みです。
 
結構盛りだくさんで、普通の人ならば満足できます。
ちなみに、パン(イチジク、フランス、ミルクパン)と
カフェはおかわり自由です。
 
ちょっとしたイタリアンのコースでも同価格になります。
ましてや、この価格、場所でフレンチのコースとなると、
通常8000円くらいはいきます。
 
同価格でもあんまりぱっとしなくて、ここに書かない
お店が結構あるので、今日は久しぶりの当たりでした。
「気軽に本格フレンチ」というコンセプトどおりのお店です。
 
 

宮崎地鶏が手軽に楽しめる KONNE新宿宮崎館

最近県知事が話題になっている宮崎県のアンテナショップ
「KONNE新宿宮崎館」に行ってきました。
JR新宿駅新南口裏にあるお店で、
入ったことはあるものの、軽食コーナーは初めてです。
 
早速、600円の宮崎牛の牛丼を頼みました。
この店では600円以内で宮崎地鶏、宮崎牛、黒豚料理を楽しめます。
どっかのランチでも980円とかしそうなので、
いくら軽食コーナーとはいえ、良心的です。
 
店内は若い男女や女性が多く、
とてもアンテナショップの軽食コーナーとは思えませんでした。
水曜日の19時くらいでしたが、ほぼ満席です。
 
ついでに、地ビールの「ひでじビール」も頼みました。
「きつね」というピルスナーは飲みやすく、さっぱりしていておいしいです。
ついつい、「もぐら」というダークラガーも飲みましたが、
黒ビールの割には飲みやすく、こちらもおいしい。
 
そんなこんなで、お得な料理の割には高くついてしましました。
 
 

フランスの老舗パン屋 PAUL 四谷アトレ店

四ッ谷駅の四谷アトレ1Fにある有名なパン屋が「PAUL」です。
1889年創業のフランスのパンの老舗で、日本にも10店舗以上あります。
 
今回はパンではなく、ケーキを食べることに。
735円のタルト・ノルマンド(サクサクしたアーモンドのパイ)のセットを頼みました。
ドリンクは数種類から選択できます。
 
最初に出たときに、その大きさに驚きました。
だいたいこの手の店は小さめの女の子ごのみのケーキが相場ですが、
予想外の大きさです。
味は結構甘めですが、ケーキ好きにはたまらないでしょう。
 
ちなみに、タルト・フロマージュ(濃厚なチーズケーキ)もひとくち食べましたが、
メニューにあるように濃厚すぎず、男性でも平気でしょう。