築地場外市場の元祖ファストフード「きつねや」

築地市場 のきつねやに行きました。
築地の場外市場の名店なので、いつか行きたいと思っていました。

名物のホルモン丼は850円。
甘く濃厚で、どろっとしたモツ煮が乗っています。

ビールも売っていますので、一緒に頼んでもいいと思います。

場外市場なので海外からの観光客も多いです。
お店の前のカウンターか、前の机で立ち食いです。
非常に混んでいますが、なんとかスペースをつくれます。

きつねやホルモン / 築地市場駅築地駅東銀座駅

昼総合点★★★★ 4.0

広告

千円とは思えないやわらかとんかつ。新宿「豚珍館」

新宿の豚珍館に行きました。
昼時は並びますが、回転率は速いです。

とんかつ、950円。

並んでいるときに注文するので、すぐに出てきます。

かつは柔らかく、値段では考えられないジューシーさです。
脂身の甘みはなく、お肉を味わう印象です。

ソースは辛味、甘味、スイートチリのようなイタリアンの三種類。
辛味はかなり辛いので、甘味にカラシを加えるほうが好みでした。

豚汁とご飯はお代わり自由ですが、満腹なので控えました。

標準でここまでの味わいなので、150円足して上ロースにしたかったです。

豚珍館とんかつ / 新宿駅都庁前駅新宿西口駅

昼総合点★★★★ 4.0

 

マグロが自慢の国分寺「治鮨」

国分寺の治鮨に行きました。
「おさむずし」と読みます。
北口のオリンピックビルにあり、気になっていました。

ランチの特上にぎり寿司を注文。
3000円で9貫と海苔巻き付きです。

お店自慢のマグロは舌でとろけます。

30分ほどの至福の時間でした。

ランチということもありますが、このお値段でこの満足度はありがたいです。
次回はぜひおまかせ握りを注文したいと思います。

ランチでは1000円ほどの鉄火丼もあります。
また、お寿司に合うワインも揃えていました。

治鮨寿司 / 国分寺駅

昼総合点★★★★ 4.5

 

家族で行くのにおすすめのお好み焼き・焼きそば「千房ルミネ立川店」

千房ルミネ立川店に行きました。
できた料理を持ってきてくれますし、子連れでも危なくありません。

鉄板餃子は580円。パリパリの食感が前菜にぴったりです。


いかやきそばは790円。お好み焼きがメインですが、こちらも気に入りました。
量は少なめですが、もっちりした麺とイカの食感が絶品。


道頓堀焼きに、ねぎかけのトッピング。本日のメインです。
1500円にトッピングが150円増し。

以前はお店でお好み焼きを焼くのが好きだったのですが、
子供が生まれると家のホットプレートで焼きますし、
やはり作ってもらった方が何倍も美味しい気がします。


キッズプレートは680円。
おまけくらいに思っていましたが、かなり大きめのサイズで子供なら満腹になります。
ジュースも付いていて、味も大人向けと変わらずこの価格はありがたいです。
大人向けを取り分けるなら、こちらを頼んだ方がいいと思います。

千房は初めてですが、料理も気に入りましたし、
家族でまったり食べることができました。

千房 ルミネ立川支店お好み焼き / 立川駅立川北駅立川南駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

フードコートで話題の有名丼を「日本橋海鮮丼つじ半ららぽーと立川立飛店 」

日本橋海鮮丼つじ半ららぽーと立川立飛店に行きました。
11時半になるとかなり混むようなので、その前に注文しました。


ぜいたく丼の竹は980円。
大盛りは100円増しで、ご飯が400gになります。
標準でも300gで、鯛茶漬けにするので多めだと思います。

竹はしらすと、マグロの中落ちやサーモン、数の子、イカ、貝、甘エビ、キュウリ、ネギなどを和えたもの。
ノリとごまも付いています。

これ以上のランクだとウニやイクラが付きますが、
健康のことを考えて、こちらにしました。

インパクトのあるメインの具材はコリコリした食感がよく、
具材も豊富で未体験の味でした。

締めは鯛茶漬け。鯛の漬とわさびを加え、ダシをかけます。
海鮮丼と同じくらいの満足感があり、どちらをメインにするかも悩むところです。

ガリは盛り放題。

価格以上の満足度でした。

有名店の丼を子連れで食べられることも大きなメリットだと思います。
行列に並ぶ、カウンター席は厳しい、子どもが大声を上げるといったことも気にせず食事を楽しめます。
またこちらのお店はもちろん、ここのフードコートは珍しいお店が多いのが印象的でした。

日本橋海鮮丼 つじ半 ららぽーと立川立飛店海鮮丼 / 立飛駅高松駅泉体育館駅

昼総合点★★★★ 4.5

いなり寿司とかんぴょう巻きが主役に。淡路町「神田志乃多寿司」

淡路町の神田志乃多寿司に行きました。

小さい頃はいなり寿司が苦手だったのですが、
大人になると、いなり寿司やかんぴょう巻きのおいしさに気づくようになり、
気になっていた1902年創業の老舗です。

四色詰め合わせは970円。
パッケージのデザインがかわいらしいです。

いなり寿司、かんぴょう巻き、カッパ巻き、お新香巻きの4種類です。

いなり寿司は濃く甘めの味付けで、酢飯に味がしみこんでいます。
酢飯には薄切りの蓮根が入っており、べっちゃとしておらず食感がいいです。
油揚げは大ぶりで、食べ応えがあります。

かんぴょうも同様の味付けです。
普段はあえて巻物やいなり寿司を率先して食べることは少ないのですが、
それらがメインのこちらは期待以上でした。
当然ですが、チェーン店のものとはだいぶ違います。

お新香巻きとカッパ巻きと、巻物はパリパリとした食感を楽しめます。

頼まなかった茶巾寿司も食べてみたかったと思いました。

関連ランキング:寿司 | 淡路町駅小川町駅新御茶ノ水駅

独特の玉子焼きとかんぴょう巻き。江戸時代からの名物寿司。小川町「笹巻けぬきすし」

小川町の笹巻けぬきすしに行きました。

江戸時代からある老舗で、江戸前寿司とは違うと聞き、
気になっていました。

1100円弱しました。

こはだ、澱粉、鯛(?)、玉子焼き、かんぴょう巻のセットです。

酢飯が特徴的で、めはり寿司や押し寿司のような印象です。
玉子焼きは甘くなく、ふわっとした食感が特徴的。

押し寿司好きとしては、この味わいは非常にうれしいです。
見た目も鮮やかで、お土産として家族に喜んでもらえました。

かんぴょう巻は、一般的なものよりもだいぶあっさりしており、
甘くありません。

関連ランキング:寿司 | 小川町駅新御茶ノ水駅淡路町駅