行列ができる東京駅のスイーツ店「ニューヨークシティーサンド大丸東京店」

ニューヨークシティーサンド大丸東京店に行きました。

行列ができることが多く、人気のお店のようです。
できたての頃に行きました。

キャラメルサンドは濃厚でしっとりしています。
もちろん、くどくはありません。

ただ、8コで1,080円は少し割高に感じるかもしれません。

 

ニューヨークシティサンド 大丸東京店洋菓子(その他) / 東京駅日本橋駅大手町駅

昼総合点★★★★ 4.0

広告

鶏料理のオールラウンダー「神鶏荻窪店」

荻窪の神鶏に行きました。
その名の通り、鶏料理がメインのお店です。
入店時に太鼓が鳴ります。

定番の串の盛り合わせ。

野菜などの串もあります。

名物の三河揚げ。
中身はふんわり柔らかく、串カツみたいです。

甘みのある鳥かわ。

鳥レバーのたたきが絶品なので、
体調が悪くない方ならばオススメです。

半身揚げなど、調子に乗って頼んでしまうと、
結構な額にいってしまいます。
(飲み食いに夢中で、有名メニューを撮り忘れました)

鶏料理の種類が多く、お酒がかなりすすむお店です。

神鶏 荻窪店焼き鳥 / 荻窪駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

 

サンリオキャラの生菓子と饅頭「塩瀬東京大丸」

東京駅の大丸にある塩瀬に行きました。
子供へのお土産です。

マイメロディの生菓子は540円。
一口もくれませんでしたが、和菓子になれていない子供でも完食していました。

ハローキティのまんじゅうは324円。
こちらは一口もらいました。
甘すぎず、ヤマイモのすり下ろし入りの皮の食感がたまりません。

和菓子は日持ちがせず、一見高く感じますが、
高いチョコやマカロンに比べれば割安です。

これほどかわいらしいお土産はないと思います。
あまりの喜ぶ姿に、また購入すると思います。

ちなみに、ピューロランドで売っているものは、
こちらの饅頭ではないと思われます(価格が違う)。

塩瀬総本家 大丸東京店和菓子 / 東京駅日本橋駅大手町駅

昼総合点★★★★ 4.0

北府中にあるミルキー系二郎系「ラーメン英二」

ラーメン英二に行きました。
府中刑務所入口そばで、土日は休みの時もあるようです。

ラーメンは760円。
ニンニクのみコールしました。

麺は自家製でもっちりかつゴワゴワしています。
標準で300gと、やや多め。

豚はトロトロで、期待通り。

スープはまろやかで少しミルキーです。
下の方は濃いので、少し混ぜた方がいいと思います。
脂は標準で多めで、野菜も多めです。

印象としては、ひばりヶ丘の二郎に近いと感じました。
こちらの方が味が少し濃いめ。

交通の便が悪いですが、行く価値があると思います。

ラーメン英二ラーメン / 北府中駅

夜総合点★★★★ 4.0

お値段なりに期待できる肉料理「平家の郷 小川館」

小川の平家の郷に行きました。

子連れOKで、席も広々しています。
宮崎牛を使用しているようです。

霜降りハンバーグ260gは1792円。
ハングリータイガー等のような俵ハンバーグです。
焼き加減はレア。

ここら辺の有名店では、武蔵小金井のウッドストック、
北府中のカロリーハウスがありますが、
こちらのほうがジューシー。

値段が500円ほど違うので、一概に比較できないのですが、
宮崎牛の効果か、肉汁もしたたっています。

ステーキカット130gは2354円。
ステーキらしい食感と、肉感が堪能できます。

お子様ハンバーグは853円。
よく食べる子どもにはちょっと足りないかもしれません。
贅沢にも宮崎牛です。(子どもはウインナーのほうに食いついていました)

ドリンクバーセットは529円。ご飯とドリンクバー、大根の漬物がついています。
ご飯はおかわり自由。平日は無料らしいです。

ドリンクバーは、オレンジ、グレープフルーツ、アップル果汁100%ジュースなど豪華です。

小川と東大和から徒歩15分ほどかかります。

関連ランキング:ハンバーグ | 鷹の台駅小川駅東大和市駅

上野や阿佐ヶ谷よりも大ぶりのどら焼き!日本橋「うさぎや」

日本橋のうさぎやに行きました。

東京駅からも近いです。

どらやきは200円。

大ぶりのどら焼きは、上野阿佐ヶ谷のうさぎやに比べて大きいです。
食べ応え十分。生地はしっとりしています。

個人的には、ここのうさぎやがベスト。

平日の夕方には売り切れていることもあります。

こちらはうさぎ饅頭。155円。
ふんわりしていて、生地の風味を楽しめます。

関連ランキング:和菓子 | 日本橋駅三越前駅東京駅

やきめしと小ラーメンがベストな選択?念願の京都本店へ「新福菜館」

京都の新福菜館へ行きました。

中途半端な16時前でも8人ほど並んでいましたが、
15分ほどで30人くらいまで増えていました。

中華そば小は600円。
やきめしは500円。

濃いめの醤油スープで、家系みたいに油っぽい味ではありません。
ネギが特徴的。
くどくはなく、麺にスープがよくしみこんでいます。
人によっては、薄いと感じる人もいるかもしれません。

焼き飯は味がしっかり付いています。
脂っぽくなく、醤油味が染みているような印象。

ちなみに、ここをルーツに東北、北陸で展開している、末廣ラーメン本舗は、高田馬場にあります。

東京でも関東にあるようですが、ロックが流れているようなしゃれた店舗のようです。

関連ランキング:ラーメン | 京都駅七条駅九条駅