「Kindle Unlimited」試用して「dマガジン」を選んだ理由

2016年8月Amazonが電子書籍・雑誌の読み放題サービス「Kindle Unlimited」を開始しました。
月々980円ですが、初月は無料利用できるようなので、試用してみました。

Kindle Unlimitedがスタートして試用

400円で雑誌が読み放題のdマガジンが気になっていましたが、
書籍も読めればいいということと、新規にサービス契約をするのが億劫ということが
Kindle Unlimitedにした理由です。

また、Amazonを多用している私の使用状況も関係していると思います。

  • Kindle Whitepaperを所有しており、新書やマンガ、四六判(B6)の書籍はこちらで読書。ジャンルは様々。
  • 雑誌はスクラップするのが面倒なので、iPadのKindleで閲覧。実用雑誌、経済誌をおもに読む。
  • 毎日、電子版の新聞をiPadで読んでおり、リフローしていない電子書籍・雑誌への抵抗感はゼロ。
  • Amazonプライム会員。

Kindle Unlimitedで雑誌を読むように

Kindle Unlimitedで目に付いたのは雑誌です。
出版社の一覧はこちらで118社参加しており、大手から専門出版社まで幅広いです。

読み放題の目玉は雑誌だと思っていたので、雑誌にはまりました。
元々ゲームはしないのですが、ネットをする時間は大幅に減りました。
ネットでも、雑誌がソースの情報を多く読んでいたことも理由かもしれません。

マンガも「跳んで埼玉」「ストップ!! ひばりくん!」「デトロイト・メタル・シティ」など気になっていたものが読めますし、
著者や出版社によっては新刊も読めます。
PCやデジカメ関連でもインプレス社のものはほとんど読めそうです。

経済誌のラインナップからdマガジンを選択

しばらく試していましたが、個人的に購入することが多い雑誌はAmazon Unlimitedでは読み放題ではなく、
dマガジンでは読み放題だったので、結局はdマガジンを契約しました。

アプリのユーザビリティは同じような感じです。
どちらも使い勝手に問題はありません。
dマガジンアプリの場合は、1巻分ダウンロードする設定に変更すると、
オフラインでも読めます(ただし、こまめにキャッシュをクリアしなければなりません)。

「個人の用途」で比較すると次のようになりました。なお、他の読み放題サービスは入れていません。
※2016年8月20日現在

dマガジンだけで読めるもの
「週刊ダイヤモンド」「週刊東洋経済」「プレジデント」「ダイヤモンドZai」「danchu」「BRUTUS」「週刊現代」「FRIDAY」「週刊SPA!」「NUMBER」

Amazon Unlimitedだけで読めるもの
「散歩の達人」「デジタルカメラマガジン」「月刊MdN」

同じマガジンハウスでも、BRUTUSはdマガジンのみ、月刊MdNはAmazon Unlimitedのみと、同じ出版社でも対応は違うようです。

書籍読み放題については、読みたい本は新刊が多くて読み放題に入っていない、
雑誌は経済誌系を読みたいというという人には、dマガジンがおすすめだと思います。

Amazon Unlimited向きな人

Amazon Unlimitedは今後のラインナップが変わる可能性が高いので、今後の動向を見守りたいと思います。

インプレス社の雑誌と書籍と読み放題なので、PC関係の書籍は事足りてしまう、
分厚い書籍のスペースもいらず、必要なときにどこでも読めるというのも魅力的ですしね。
散策好きな方は、毎回行き先の「散歩の達人」をタブレットに入れれば便利でしょうし。

プライム会員が割引になるならば、また魅力的になると思います。

楽天マガジンも気になる

楽天マガジンも気になります。
「週刊ダイヤモンド」「週刊東洋経済」「ダイヤモンドZai」があるのは魅力的ですが、
2016年8月27日現在では「danchu」「BRUTUS」がありませんし、
バイクや車などの趣味のものが多く、私は選択しませんでした。

車やバイク、ゴルフや釣、サッカー、など、
趣味の雑誌をたくさん読みたい人にはよさそうです。

後発の楽天マガジンのラインナップが私の趣向と用途にマッチするならば、
楽天マガジンにするかもしれません。

読み放題サービスで損をしない人

どのサービスも数台のタブレットで利用できるので、
家族で読み放題を利用する「世帯」には嬉しいサービスだと思います。

また、たまに書店でふらっと数冊立ち読みして気になる雑誌だけ購入したり、
図書館に行っても「人気の雑誌はいつも貸し出し」という経験をよくしている人は損をしないと思います。

Air Zoom Structure 17とRoad Glove 2を試す

Nike Free Run +3の次のシューズとして

年末のセールで、
NikeのAir Zoom Structure 17とMERRELLのRoad Glove 2を購入しました。

20141207_002948642_iOS

Nike Free Run +3を購入して2年経ったので、
クッション性の優れたものと、よりトレーニング向きの2足をチョイス。

NikeのAir Zoom Structure 17

久々のAirシューズですが、クッション性に優れており、
跳ねるような感じで走ることができます。
店員の人に聞いたところ、Air Pegasusに比べると、若干安定しているようです。

15kmくらいのタイムでは、Nike Free Run +3よりも5分ほど速くなりました。
なお、子供を抱っこしたときも楽で、普段履きにもオススメです。

MERRELLのRoad Glove 2

Nike Free Run +3はグリップが効いて、足の裏が道路に吸い付くような感じですが、
こちらはクッション性がなく、ビルケンシュトックのサンダルで走っているような印象です。

当然、足を痛めやすいと思います。
ひざ、ふくらはぎ、足の甲を若干痛めました。
その分、筋肉痛になったので、相当鍛えられると思います。

15kmくらいのタイムでは、Freeよりも5分ほど遅くなりました。
後半はとにかく辛かったですが、「自力で走っている」感じがするので、
(私はソックスを履いていましたが)ベアフットを感じられるシューズだと思います。

今の私の脚力だと、3回に1回くらいの頻度で、足を鍛えたいときに履きそうです。
そのため、できるだけ普段に履いて、自然にトレーニングできるようにしています。

と、両極端の2足なので、Nike Free Run +3をまだまだ捨てられません…。

ピクニックに最適なアウトドアマット「LOGOSピクニックサーモマット」

LOGOSのピクニックサーモマットを購入しました。
2500円弱です。

私と妻、小さな娘がゆったりと座れるサイズ(140cm×155cm)の
アウトドアマットを探していたところ、こちらが最適でした。
カラフルな色も購入した理由の1つです。

何度か使ってみましたが、期待以上に役立っています。

右上は一眼レフ、左上は手提げ袋、左下はペットボトルです。
足は伸ばせなさそうですが、大人4人が座ることができると思います。

クッション材があるので、多少ゴツゴツしている場所でも気になりません。
また、裏側にアルミ材があり、遮熱性があります。地面の冷たさも平気です。

また、取っ手がついていて丸めやすいですし、携帯性もあります。

お子さんと公園に行く機会が多い方にオススメです。

Nexus7のKindleで読書を1年続けた感想

1年ほどNexus7とiPhoneでKindleで読書を続けてわかったこと

Nexus7を購入してから、Kindleアプリで電子書籍を読むようになりました。

マンガはもちろん、新書や小説も読んでいます。
iPhone5SのKindleも使っていますが、基本的にはNexus7のほうを利用しています。

電子書籍について、いろいろと言われていますが、
すぐに慣れますし、古本とのコスト比較等ができるようになれば、
便利な読書生活を送れると思いますので、今回ご紹介します。

ざっくり覚えるKindleおよび電子書籍の仕組み

すべてのサービスを比較したわけではありませんが、
電子書籍は紙の書籍と違い、電子書籍を読む権利をもらうことになります

ざっくり言えば、「いつでも借りられる有料図書館」でしょうか。
つまり、所有権はなく、あくまで「借りている」ことになります。

そのため、Kindleサービスが終了すれば、支払ったお金がムダになる可能性もありますし、
突然、Amazon側の都合で書籍が読めなくなることもあります。

紙の本の場合、そこに物があり、購入者の持ち物ですが、電子書籍はそうではないのです。

Kindleでの読書の魅力

とにかく手軽さが魅力です。
タブレットさえ持ち歩けばどこでも読めますし、
文庫や新書、コミックサイズであれば、読みにくいこともないと思います。

また、ライトなビジネス書1冊でも、300gくらいありますが、
何冊持ち歩いても、タブレット分の重さです。
とくに、旅行や通勤のときに、ありがたみを感じます。

マンガは紙と同等に読めると思いますし、
文字主体の小説やビジネス書でも、違和感なく読めます。

紙の本のほうが、アナログな感覚で読みやすいと思っていましたが、
小説を数冊読んでみたところ、喫茶店で夢中に読んでいたことも多いです。
私は紙の本に携わってますが、十分読めますし、
「本は結局コンテンツの魅力が重要」と再認識しました。
※あとで説明しますが、速読はむずかしいと思います

どんな本を買えばお得?

Kindleの電子書籍をよく買うようになった理由は、お得になってきたからです。

個人的には、古本屋で100円くらいで購入できる本がKindleで
そこそこ値下げされていても、買う気になれません。

まずは、マンガの場合を考えてみましょう。

Kindleで500円、古本店で100円くらいのものならば、迷わず古本を購入します。
ただし、EC書店の場合、古本で1円でも送料で250円ほどかかるので、
コスト的にはあまりかわらないかもしれません。

あとは、紙で読みたいか、保管場所がない、
もしくはすぐ読みたいので電子書籍にしたいか、(あれば)カラーを再現している電子版にするか、
その時々のニーズで選択肢が変わります。

個人的に、コスト面でもお得と感じているのが、
「東京喰種トーキョーグール」「テラフォーマーズ」「乙嫁語り」です。
2014年4月24日の朝の価格で比較してみます(古本はAmazon内での比較)。

東京喰種トーキョーグール」はリマスター版で、雑誌連載時のカラーが再現されています。
新本が555円、Kindleが300円、古本が200~300円といったところです。
4月の最新刊はKindle版が発売されていません。
Kindleでの最新刊(1巻前)は378円と、僅差となっています。

テラフォーマーズ」も新本が555円、Kindleが300円、1巻は100円、
古本が200~300円といったところです。
ただ、最新刊は500円と、新本に近い価格となっています。

乙嫁語り」は新本で670円、Kindleは最新刊でも343円と、
古本の390円よりも安くなっています。
また、ほかと違って、1~3巻が428円とやや高くなっています。

なお、まとめ買いの場合は、Amazonの中古は高いので、ブックオフやネットオフ、リアル古本屋を利用しています。

小説や新書、ビジネス書を買う基準

小説や新書、ビジネス書も同じような基準で購入しています。

古本価格が1円でも送料込みで250円、Kindle版が300円くらいだった場合、
Kindle版を購入します。

最近購入したのが、「ひとを〈嫌う〉ということ」です。
518円が276円となっています。

最近話題になりましたが、Amazonでは売り切れで、
中古も318円、手軽な価格という状況でしたので、Kindle版を購入しました。

無料の書籍もある

青空文庫ほどはありませんが、著作権が切れた無料の書籍がたくさんあります。
自費出版物も多いです。

まずは無料版で試してみてはいかがでしょうか?
また、Kindleではなく、青空文庫をアプリで読んでみて試すのもアリだと思います。

紙の本も買ってしまう時

読んでみて、気に入ったら本棚に入れるために、1冊購入します。

読んだ本を購入することは無駄と思われるでしょうが、読んだときの感動をとどめておいたり、
その他の影響した本とともに並べることで、思考の整理にもつながるからです。

ビジネス書の場合、「こうなりたい」という意思表明にもなると思います。
昔は「本棚を見ると、その人のことがわかる」と言われていますが、それなりの意味があると思います。

人と手軽にシェアしたり、最初から欲してたまらない(何冊持っていてもいいと思える)場合、
最初からモノとしての書籍を購入したほうがいいと思います。

新本を購入することもありますし、古本のときもあります。

Kindleでオススメできないジャンル

図を多用していて、図の位置が固定しているような図解書だと、
紙でないと読みにくいと思います。

また、見開きを前提にした本、図を多用していて、
いちいちダブルクリックして図を拡大することが億劫になるような本は、
紙の本のほうがいいと思います。

また、雑誌はダブルクリックで拡大していくので、
タブレットでも文字が読めないこともあります。
非常にストレスを感じますので、読まずに削除しました。
サンプルで確認したうえで購入したほうが無難でしょう。

Kindleではしにくいこと

個人的なことですが、パラパラめくれないので、速読しにくいです。
ただし、スローリーディングすべき小説などの場合は、
電子でも問題ないと思います。

また、付箋をつけたページを開くようなこともできますが、
直感的ではなく、もたつく印象です。

iPhoneでの読書は?

「新書」「文庫」ならば読めると思います。とくに、時事解説系の新書ならば、パラパラ読めますし。
ただ、やはり視野範囲が狭いので、タブレットで読むことをオススメします。

また、電池持ちの関係でも、タブレットでの読書のほうがいいでしょう。

シェアが高いKindleを選ぶ理由

最後に、なぜKindleを選んだかを説明します。

理由としては、このご時世、シェアが低いサービスはなくなる可能性が高いということと、
シェアが高いサービスの発言権は大きく、出版社側が読者を増やせるビジネスチャンスも大きいので、
コンテンツが揃いやすいことが考えられるからです。

また、読者側としても、セールでコストメリットを享受したり、
いち早く電子版を手に入れるチャンスが増えると思います。

電子書籍に限らず、ネットサービスやアプリも、
ユーザーが多い端末から配信スタートしますよね。

なお、参考までに統計を紹介します。

2013年10月のインプレスR&D調査によると、電子書籍の利用率トップはKindleストアの55.2%とのことです。

2013年7月のMM総研の調査によると、出荷台数は38.8%で、
Koboの33.0%と僅差ですが、Koboの利用率は11.9%(4位)と、
実際はKindleの1人勝ちです。

2014年4月の有名なビジネス書著者のブログエントリーによると、電子書籍売上の9割がKindleのようです。

Kindleでの不満

家族でシェアしにくいということです。

1メールアドレスに1Amazonアカウントなので、
家族用のメールアドレスを準備する、
もしくは、自分のアカウントで全デバイスを設定しないとなりません。

ただ、子供が勝手に購入してしまう可能性がありますし、
同一メールアドレスだと制限もできないので、
近いうちに対応してほしい問題です。

家族のメールアドレスも登録でき、
アカウントごとに購入制限等できればありがたいです。

もちろん、Kindleだけではなく、iTuneStoreも同じですが。

自宅での「おいしい」コーヒーの淹れ方の基本

サードウェーブコーヒーにならって、自宅でもおいしいコーヒーを淹れたい

最近では、サードウェーブコーヒーが流行っています。
詳細は検索すれば多数の情報が出てくるので、そちらを参照していただければと思いますが、
ざっくりいうと、「高品質なコーヒー豆を1杯ずつハンドドリップする」
というものです。

必要な機器

いわゆるレギュラーコーヒーなので、次のものは必須です。

豆を量る

コーヒーカップ1杯分につき、コーヒーメジャー1杯分の豆を使います。

2014-02-16 15.15.02

最初の1杯は、山盛りにします。

2014-02-16 15.15.25

2杯目以降はすり切りにします。

計量した豆は、コーヒーグラインダーで中挽ににします。

お湯の量

コーヒーカップ1杯につき、120ml~150ml使います。

2014-02-16 15.18.37

我が家は鉄瓶なので、先端がとがったメジャーでお湯を注いでいます。

ハンドドリップ

お湯の温度には諸説ありますが、沸騰したお湯をメジャーに
注いだままの温度でドリップしています。

2014-02-16 15.19.26

最初は真ん中にお湯を注ぎ、40秒ほど蒸らします。
ここで大きく膨らまみますが、焙煎から時間が経っていたり、
弾き方が荒い場合は、あまり膨らまないようです。

2014-02-16 15.19.46

「の」を描くように、ゆっくりお湯を注ぎます。
早めに注ぐと雑味が増すようです。

2014-02-18 21.54.15

ゆっくりドリップします。
最後のほうは雑味が多分に含まれるようなので、
ドリップしっぱなしにしないほうがいいと思います。

2014-02-16 21.04.08

完成です。

初心者必見!お金を掛けずに快適に走れる冬のランニンググッズ一式

初心者でも、寒い冬はグッズをそろえたい!

8年くらい、ゆるくランニングを続けています。
最初は3kmくらいで音を上げていましたが、
今では15kmまで走れるようになりました。

「体重・健康維持」を第一に走ってきたので、
本格的ではありませんが、道具はグレードアップしています。

夏はランニングと短パンでもいいと思いますが、
冬は寒く、怪我をする可能性も高いので、少し着込む価値はあると思います。

とはいえ、雑誌では本格的で高いグッズの紹介ばかりですし、
本格的に走っている人には、自分に合った高そうなグッズを勧められそうと、
何を購入していいか悩んでいる人もいると思います。

今回は、そんなみなさんのお役に立てればと思い、
冬のランニンググッズをいろいろ紹介します。
※冬限定のもの以外もご紹介します

コンプレッションウェア

最低限のグッズとして、コンプレッションウェアの上下、
ショーツ、キャップは必須だと思います。

コンプレッションウェアも、冬用のものであれば、
走ってすぐに体が温まり、余分な熱気を逃します。
また、翌日の疲れの蓄積が違うと思います。

私は、Nikeのものを使用しています。
上下でそろえたほうが効果は高いです。

ショーツは常識的に必要ですし、冬とはいえ日差しはあるので、
キャップも個人的には欠かせません。

化繊素材のジャージ

速乾機能と保温効果がある化繊素材のジャージがあると便利です。

上だけあれば十分でしょう。

ウィンドブレーカーに比べると、熱がこもらないので、
天気のいい昼から夕方にかけては、
ウィンドブレーカーよりもこちらがオススメです。

それなりのメーカーで、機能を謳っていれば、
セール品でいいと思います。

ウィンドブレーカー

風が強い日や、雨が降りそうな日には、
ウィンドブレーカーがオススメです。

夜に走るならば、反射素材が入っているものがいいでしょう。

5本指ソックス

冬に関係ありませんが、オススメなのでご紹介します。

最初は違和感がありましたが、5本指なので、グリップ力が付く気がします
また、通気性もばっちりだと思います。

個人的には、TABIOのスポーツソックスがオススメです。
2つ持っています。

ヘッドバンド

ランナーで身につけている人が少ないのが不思議なくらい
役に立っています。

以前は、綿製のものを使っていましたが、
最近では速乾性があるものもあり、

Nileのメッシュ ヘッドバンド アンスラサイトを使っています。

グローブ

外気が刺すくらいに冷たいこともあるので、必須だと思います。

途中で熱くなりがちですので、途中でポケットにしまいがちですが…。

LEDアームバンド

夜道には必須です。

両腕に付けています。
Amazonで1000円弱で購入できます。

ランニングポーチ

腰につけるタイプです。

iPnone5Sに機種変更して、いままでのアームポーチに入らなくなったのですが、
このタイプでしたら、機種関係なく使える長く使えると思います。
また、重さが腰にかかるので、アームポーチよりも大きいものの、気になりません。

オマケ

よろしければ、下記もご参照ください。

SONYのαマウント用単焦点交換レンズ「SAL50F18」を約1年利用した感想

単焦点レンズはハマる?

SONYの一眼レフのαマウント用の単焦点交換レンズ
SAL50F18」を1年ほど利用しています。

すっかりハマってしまったので、
ここで、その魅力をご紹介いたします。

素人でもプロ並みの写真を撮れる「シンデレラレンズ」?

購入するキッカケは、
「単焦点レンズはシンデレラレンズと言われ、
対象以外が大きくぼけるので、素人でも見栄えのいい写真を撮れる」
という情報を知ったからです。

一眼レフは重いし、αを売り払って、
SONYのCyber-shot RX100でも買おうかと悩んでいましたが、
「シンデレラレンズ」は1万円半ばで購入でき、
愛用しているTAMRONのAF 18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II LD Aspherical(399g)より
だいぶ軽くなるようなので(SAL50F18で308g)、
単焦点レンズを購入することにしました。

一眼レフはα330という旧式ですが、素人にとっては十分な画素数ですし、
バッテリーを交換すれば十分現役です。

50mmと35mmのどっちを選ぶ?

当時、リーズナブルなソニー用の単焦点レンズとして、
SAL50F18」と「SAL35F18」の2つの選択肢がありました。
どちらもほぼ同じ価格です。

私はレンズについては素人なので、お店の人に聞いてみました。

すると、どちらも「F18」なので、室内の自然光でも明るい写真を撮れる。
「SAL50F18」はポートレート写真や風景などのスナップ写真に向いていて、
「SAL35F18」は花などのマクロ撮影、屋内で近いものの撮影に向いているとのことでした。

私の場合、散策する機会が多かったので、迷わず「SAL50F18」を選択しました。
もちろん、アドバイスをいただいたお店で購入。

同じ距離でも、ボケが全然違う!―同じ被写体で比較

「SAL50F18」を使って感動したのは、ボケ具合です。
対象物以外が見事にボケます。

ポイントは「手動でピントを合わせる」ことです。

手動でピントを合わせるというと、難しい印象を受けるかもしれませんが、
ズームしながらではないので、とても簡単です。

また、私の場合、「自動でピントを合せる」だと、
意図しないところにピントが合いがちになりました。

ここで、同じ被写体を、手動でピントをずらした写真を比較します。

手前の達磨にフォーカス

DSC02589

奥の達磨にフォーカス

DSC02590

いかがでしょう?

だいぶ違う印象を受けたのではないでしょうか。
もちろん、写真は未修正です(データサイズの問題でトリミングはしています)。

同じ被写体でも、印象がかなり変わり、どちらも意図を打ち出せるので、
いままでにはない楽しみができました。

ちなみに、子供の写真をよく撮影しますが、
「SAL50F18」でも、顔のアップや狭い場所の写真も綺麗に撮影できます。
花や昆虫をメインで撮影する方は「SAL35F18」のほうがいいかもしれません。

こんな人にオススメ!

単焦点交換レンズは、次のような方にオススメです。

  • 本体を変えずに、劇的な変化を1万円台で実感したい方(CANONだと1万円弱!)
  • 子供やペットなどをよく撮影する方
  • ズームにこだわらないらない方
  • 重量を軽くしたい方