ホッピー自宅飲み入門

家でこそホッピー

社会人になってからホッピーを飲み始めましたが、
いまでは家でも飲んでいます。

ホッピーのいいところ

お勧めの理由は、

  • 低カロリー・低糖質・低プリン体
  • 低価格
  • 発泡酒よりもおいしい

ということです。

ビールはおいしいのですが、毎日飲むと露骨に太りますし、
飲み過ぎると、ふくらはぎもパンパンになる気がします。

あとは、価格も安いです。
ホッピー1本はスパーでも110円ほど。安いオーケーストアでは90円少々と安いです。
1本で500mlくらいの量になり、焼酎代を入れても130円くらいではないでしょうか。

そして何より、発泡酒よりも確実にうまいと思います。
発泡酒だと、最後に必ず苦みを感じますが、ホッピーは最後までおいしく飲めますし、
スカスカ感もありません。のどごしもいいですし。

Amazonを利用すれば、手軽に大量購入できる

オーケーでホッピーを購入すれば安いのですが、
車を持っていない私として、大量に購入できません。
ちょくちょく買うのも面倒なので、少し高いもののAmazonでケース購入しています。

IMG_1856

また、焼酎はもちろんキンミヤ。
あとに引かず、ホッピーに最適な焼酎といわれています。

酒屋で1升瓶を買うと1,300円ほど、オーケーストアで700mlボトルを買うと600円弱です。

ちなみに、4リットルの「好きやねん」は中身はキンミヤで、
アマゾンにて送料込みで3,000円弱です。

ホッピーには白と黒がありますが、ビールが好きか、黒ビールが好きかで選んでください。

R0013704[2]

乙類でも、麦焼酎(写真はいいちこ)だとOKです。
キンミヤが定番ですが、いろいろ試してみるといいでしょう。

なお、芋焼酎とは合いません…。

飲み方

基本は、グラスを冷やし、焼酎1:ホッピー5で割ります。
お好みで、焼酎はもっと濃くてもいいと思います。
マドラーでぐるりと1回転すれば完成です。

あと、風味が損なわれるので、氷は入れません(上の写真は飲み始めた頃でそのことを知らず、氷を入れています)。
ただし、お店によっては、凍らせたキンミヤでホッピーを割れるお店もあります。

邪道ですが、ゆずを絞る飲み方もお勧めです。
フルーツビールみたいになりますよ。

関東以外ではない?

最近知ったのですが、ホッピーは関東だけのものらしいです。
以前お会いした関西の方は、「ホッピーは関西になく、あんな混ぜ物は飲み物ではない」とまでおっしゃっていました。

ちなみに、ホッピーの友「もつ焼き」も関西にはないらしいです。