「Kindle Unlimited」試用して「dマガジン」を選んだ理由

2016年8月Amazonが電子書籍・雑誌の読み放題サービス「Kindle Unlimited」を開始しました。
月々980円ですが、初月は無料利用できるようなので、試用してみました。

Kindle Unlimitedがスタートして試用

400円で雑誌が読み放題のdマガジンが気になっていましたが、
書籍も読めればいいということと、新規にサービス契約をするのが億劫ということが
Kindle Unlimitedにした理由です。

また、Amazonを多用している私の使用状況も関係していると思います。

  • Kindle Whitepaperを所有しており、新書やマンガ、四六判(B6)の書籍はこちらで読書。ジャンルは様々。
  • 雑誌はスクラップするのが面倒なので、iPadのKindleで閲覧。実用雑誌、経済誌をおもに読む。
  • 毎日、電子版の新聞をiPadで読んでおり、リフローしていない電子書籍・雑誌への抵抗感はゼロ。
  • Amazonプライム会員。

Kindle Unlimitedで雑誌を読むように

Kindle Unlimitedで目に付いたのは雑誌です。
出版社の一覧はこちらで118社参加しており、大手から専門出版社まで幅広いです。

読み放題の目玉は雑誌だと思っていたので、雑誌にはまりました。
元々ゲームはしないのですが、ネットをする時間は大幅に減りました。
ネットでも、雑誌がソースの情報を多く読んでいたことも理由かもしれません。

マンガも「跳んで埼玉」「ストップ!! ひばりくん!」「デトロイト・メタル・シティ」など気になっていたものが読めますし、
著者や出版社によっては新刊も読めます。
PCやデジカメ関連でもインプレス社のものはほとんど読めそうです。

経済誌のラインナップからdマガジンを選択

しばらく試していましたが、個人的に購入することが多い雑誌はAmazon Unlimitedでは読み放題ではなく、
dマガジンでは読み放題だったので、結局はdマガジンを契約しました。

アプリのユーザビリティは同じような感じです。
どちらも使い勝手に問題はありません。
dマガジンアプリの場合は、1巻分ダウンロードする設定に変更すると、
オフラインでも読めます(ただし、こまめにキャッシュをクリアしなければなりません)。

「個人の用途」で比較すると次のようになりました。なお、他の読み放題サービスは入れていません。
※2016年8月20日現在

dマガジンだけで読めるもの
「週刊ダイヤモンド」「週刊東洋経済」「プレジデント」「ダイヤモンドZai」「danchu」「BRUTUS」「週刊現代」「FRIDAY」「週刊SPA!」「NUMBER」

Amazon Unlimitedだけで読めるもの
「散歩の達人」「デジタルカメラマガジン」「月刊MdN」

同じマガジンハウスでも、BRUTUSはdマガジンのみ、月刊MdNはAmazon Unlimitedのみと、同じ出版社でも対応は違うようです。

書籍読み放題については、読みたい本は新刊が多くて読み放題に入っていない、
雑誌は経済誌系を読みたいというという人には、dマガジンがおすすめだと思います。

Amazon Unlimited向きな人

Amazon Unlimitedは今後のラインナップが変わる可能性が高いので、今後の動向を見守りたいと思います。

インプレス社の雑誌と書籍と読み放題なので、PC関係の書籍は事足りてしまう、
分厚い書籍のスペースもいらず、必要なときにどこでも読めるというのも魅力的ですしね。
散策好きな方は、毎回行き先の「散歩の達人」をタブレットに入れれば便利でしょうし。

プライム会員が割引になるならば、また魅力的になると思います。

楽天マガジンも気になる

楽天マガジンも気になります。
「週刊ダイヤモンド」「週刊東洋経済」「ダイヤモンドZai」があるのは魅力的ですが、
2016年8月27日現在では「danchu」「BRUTUS」がありませんし、
バイクや車などの趣味のものが多く、私は選択しませんでした。

車やバイク、ゴルフや釣、サッカー、など、
趣味の雑誌をたくさん読みたい人にはよさそうです。

後発の楽天マガジンのラインナップが私の趣向と用途にマッチするならば、
楽天マガジンにするかもしれません。

読み放題サービスで損をしない人

どのサービスも数台のタブレットで利用できるので、
家族で読み放題を利用する「世帯」には嬉しいサービスだと思います。

また、たまに書店でふらっと数冊立ち読みして気になる雑誌だけ購入したり、
図書館に行っても「人気の雑誌はいつも貸し出し」という経験をよくしている人は損をしないと思います。

広告

日経電子版を3年弱、紙の日経新聞を4年読んで感じたこと

日経電子版を有料会員として購読して3年弱(2010年3月から)、
紙も含めて5年くらい日本経済新聞を読んでいます。

「このご時世、新聞なんて読んでも」と思う方は多いと思いますが、
気になる方も多いと思いますので、購読している感想をご紹介します。

いままで何度がブログで取り上げましたが、ここでまとめてみます。

株や投資信託をしている方には大きなメリットがある?

株をしている人にとってプラスになると思います。

企業の株価の動向情報が多分に掲載されているので、
たとえば、割安な株を知ることができますし、
会社のネガティブな情報を知った際に、安く株を購入できるチャンスを得ることができます。

また、Web上で「日経会社情報」を使いたい放題ですし、
「銘柄フォルダ」に所有している、気になる株や投資信託を登録できるので、
複数の証券会社に登録している情報を
日経電子版でまとめて管理することも可能です。
※日経新聞を読んでいるからしたくなる、人も多いかもしれません

個人の「マネー」情報がお得

紙面に掲載されていない、電子版だけのマネー情報は情報量が多く、
雑誌を購入しなくても、それなりの情報を得ることができます。

保険、相続、利殖、住宅など、テーマは幅広いです。

仕事に役立つか

仕事や個人によりけり、としか言いようがありません。
紙の日経新聞が役立つ人には、役立つとしかいいようがありません。

あえて言えば、専門分野を掘り下げるような方ではなく、「広く浅くビジネスの動向を知りたい方」には有効だと思います。
幅広い業種の方と仕事をする方にもいいかもしれませんね。

あとは、専門家のコメントの多いので、
専門家のリストをつくっているような方にも役立つと思います。

さらに、日経新聞を読んでいない人が多いので、
業務提携や新事業進出など、たった数十文字の記事内容を把握しているだけでも、
「業界をよく知っている」と思われることもあります。
ただし、これは「他業種」の人と話すことが前提です。

また、基本的な法令や規制の動向、トレンドがわかるので、そういった情報のモレをなくす、
という意味においては、期待以上の役割を果たしてくれると思います。

紙よりも電子版のほうが優れている点

次の点は電子版ならではのメリットだと思います。

  • キーワード検索
    →税制、法改正、福祉など、仕事に関係のあるキーワードにマッチする記事を毎日メールしてくれます。
  • 「日経会社情報」を無料で利用できる
  • 「銘柄フォルダ」に所有している、気になる株や投資信託をまとめて登録できる
  • 速報
    →速報をメールしてくれます。
  • イベントへの参加
    →平日が多いですが、優先的にセミナーなどのイベントに参加できます。
  • 記事クリップ
    →気になる記事は、カテゴリーを指定してクリップできます。Google Chromeなどを通じて簡単にPDFにできますし、資料への参考資料としても使えます。
  • 電子版独自のコンテンツ
    →既述したように、結構ためになります。
  • どこでも、すぐに読める
    →オートロックのマンション等の場合、いちいちポストまでいくのは億劫ですよね。帰りの電車でも、夕刊をパパッと読めますし。

ソーシャルメディアや雑誌、書籍と併用すれば、より効率的な情報収集が可能

日経だけ読んでも、それだけで事足りるわけではありません。

私は、「Gunosy」などの個人の嗜好に合わせたソーシャルメディア、
FacebookやTwitterなどのSNS、
「BLOGOS」などの専門家や個人のブログ、
「○○経済新聞」などの地域メディア、
息抜きに娯楽情報が多いウェブメディアと併用しています。

あまり登録しても情報に溺れてしまいますが、
無料情報なので「見出し」で読む・読まないを判断してもいいと思います。

また、専門誌や書籍と併用することで、
立場の違う専門家の意見を比較することも大事だと思います。

このときに「日経新聞」が一種の基準になると思います。
「日経にああ書いてあるけど、この人は別の意見だな。あの人は一部違うな」等。
基準がなければ、そもそも考えられません。

ちなみに、紙で大手新聞も購読していますが、同じニュースでも視点が大きく違うので、考える練習や、仕事における切り口のヒントになると思います。
たとえば、社会福祉や税制、TPPなどの制度に関して、日経は会社(とくに大企業や高所得者)の立場からの視点ですし、某新聞は立場の弱い方の視点です。

2年ほど前に感じた不満はどうなった?

2年ほど前に感じた不満はどうなった検証してみます。

  • 「記事クリップ」の件数を増やしてほしい。100件は少ない
    →【改善】200件に増えた。
  • iPhoneアプリですべての機能を使いたい
    → 【改善】紙面ビューワーなどができた。
  • iPhoneアプリで広告も見たい
    →【改善】紙面ビューワーができた。
  • 検索件数を無制限にしてほしい
    →【変化無し】
  • 価格を2,500円くらいにしてほしい
    →【変化無し】
  • キーワード検索の条件数を増やしてほしい
    →【変化無し】
  • 印刷機能で図版も含めてほしい
    →【改善】
  • 週末のPLUS1も電子版にしてほしい
    →【変化無し】
  • その日に別冊があるのかわからない
    →【変化無し】
  • iPhoneアプリで2日分しかストックできない。せめて、指定した日をダウンロードできるようにしてほしい。1週間でいい
    →【変化無し】その日のうちに読むようになったので、必要がなくなった。
  • 電子版の紙面が1週間しか読めない。広告は週末にまとめて見るが、見過ごすと確認できない
    →【変化無し】紙面ビューワーでチェックするようになったので、必要がなくなった。

結局、月々4000円の価値はある?

私の場合、今までのエントリーでも記述しましたが、
「一般ニュースは、日経電子版と某大手新聞の朝刊、朝のTVニュースだけ」
とすることで、同じような情報を検索することを辞めています。

時間にして1時間くらいですが、一般ニュースはそれで終わり。
キーワードの掲載されている記事や速報はメールで知らされますし。

つくった時間で、家族サービスをしたり、友人と話したり、本を読んだり、体を動かしたりしています。
そのための代替サービスだと考えているので、妥当だと思います。

繰り返しになりますが、他業種の方と会う機会が多く、
「浅く広く経済情報をアップデートすること」が仕事で欠かせない方、
「専門家のリストが欲しい」方は元が取れると思います。

ただ、日経新聞に載っている内容では足りないような専門的な仕事の方だったり、
新聞の一部だけしか読まないような方は、あまり活用できないかもしれません。

あとは、無料情報のみを情報リソースとされている方は、
「ほかのサイトなどで無料でありそうな情報かも…」と、モヤモヤが晴れないと思いますので、
むしろ、「商品らしい」雑誌を購入したほうがいいかもしれません。

売り切れ続出の「ショットノート」を入手

iPhoneユーザーとしては欲しい一品

お茶の水の丸善に買いに行ったところ、3月末まで待つとのことで、
ネットで調べてみると、どこも売り切れている様子。

無いと欲しくなる性分なので、我が地元の多摩地区のとあるロフトに電話すると、
数日遅れて入荷したとのこと。取り置きしてもらいました。

一般的な大きさではない

A5よりも若干大きいLサイズ、
ブロックサイズのロディアよりも若干大きいSサイズを購入。

IMG_1628

それぞれ黒と白の2色展開で、Lサイズが630円、Sサイズが336円と、ロディアよりも高め。
ちなみに、Mサイズもあります。

IMG_1629

ブロックロディア(No.11)と並べてみました。

IMG_1630

ブロックロディア用の皮ケースには入りません。
そのため、愛用のケースを使い続けたい方は注意が必要です。
LサイズもA5よりも大きいので、同じでしょう。

せっかく買ったので、ハサミでショットノートの裏側を短く切って、
むりやり入れました。
ただし、読み取り用のマークがある部分ははみ出してしまいます。

想像どおり、簡単にスキャンできる

Lサイズをさっそく、使ってみました。

IMG_1631

右上に、番号や日付を書く欄があり、
マークシートのように数字を書くことで、
OCR認識し、画像に紐付けてくれます。

無償の専用アプリで、四隅のマークに合わせてスキャンします。

IMG_1632

このように簡単にスキャンできます。
ただし、ある程度平らな場所に置き、明るい場所で撮影しなければなりません。

IMG_1633

保存したデータは、アプリに保存されますが、
さらに「Evernote投稿」「メール送信」「カメラロールに保存」
できます。

カラーはいいが、モノクロはやめたほうが無難

ショットノートアプリでは、カラーおよびモノクロで画像を保存できます。
なお、1024×768pixelの「高画質」および480×360pixelの「低画質」が選択できます。
個人的に、Google Docにスキャンデータを保存しているので、
このエントリーでは、高画質を前提に説明します。

IMG_1634

こちらがカラー。問題なくスキャンされています。

IMG_1635

こちらはモノクロ。シャープペンの部分が読み取りにくいです。

IMG_1636

1ランク濃くしても、あまり変わりません。
モノクロの場合、ボールペンだけで書いたほうが無難だと思います。

スキャンデータをアプリで管理できる

アプリでスキャンデータを管理できます。

IMG_1637

右上に書き込んだ「日付」「番号」が見事に読み込まれています。
また、タグを入れることも可能。

IMG_1638

スキャンデータは「タイトル」「タグ」「日付」「番号」「撮影日」で検索できます。

IMG_1639

タスク機能で、処理したものにマークを付けられます。

IMG_1640

「タイトル」「日付」「番号」「撮影日」でソートできます。

Evernoteで確認

iPhoneのEvernoteで確認しました。

IMG_1641

十分認識できるレベルです。

IMG_1642

モノクロはきついですね。

高画質でデータが大きいせいか、たまにアプリが落ちます。
そのため、iPhoneのEvernote用に特化したいのであれば、
低画質にすべきかもしれません。

Sサイズのスキャン

Sサイズも利用してみました。

IMG_1643

一言メモとして最適です。
ただ、iPhoneを使い始めてからブロックロディアを使わなくなったので、
このサイズを使い続けるかは考えものです。

スキャン画像のサンプル

さきほど、アプリから画像を送りましたが、
iPhoneで確認すると、次のように見えます。

IMG_1644

また、実際のデータはつぎのとおりです。

shotnotecolor

カラー・高画質

shotnotemono

モノクロ・高画質

ノートをスキャンして、クラウドに保存している人にお勧め

紙のノートのほうが自由度が高いものの、管理が面倒でした。

私は家のスキャナーで一枚ずつ読み込んで、Google Docに保存していましたが、
このアプリで、手間が大きく省けます。
その手間賃と考えれば、割高な価格も許容範囲内です
(裏も使えますし)。

ただ、スキャンの問題かもしれませんが、A4サイズがほしいところ。

BluetoothキーボードとiPhone・アンドロイドの組み合わせに押され、
ポメラも一段落してきたキングジムですが、
iPhoneに特化したアナログのノートを出す姿勢はすばらしいと思います。

iPhoneユーザーは課金に慣れていますし、
若干高めのノートでも、アプリがタダならば、購入されることでしょう。
実際、都心だけかもしれませんが、売れていますし。

iPhoneを使い始めて1年が経って感じる、iPhoneを持って得をする人

iPhoneを使い始めて1年が経ちましたが、日常の生活を変えてしまうくらい便利なもので助かっています。

しかし、iPhone買って後悔している人も多く、万人がそうではないと思います。そこで、今回は、自分の利用方法を説明しつつ、どんな人にiPhoneが向いているか考察してみます。

Googleに依存している人。スケジュールやメール、アドレス帳、その他諸々でGoogleを活用していれば、使い勝手がいい。これはiPhoneだけではなく、Androidでも同じ。

お金をかけられる人。フリーアプリだけでもいいけれども、優良なアプリのために自己投資しないと、性能を活かせない。だから、Microsoft Officeなどを自己投資として購入・アップグレードすることを躊躇う人には向かない。ここがAndroid派との分かれ目かもしれない。

首都圏に住んでいて、電波が弱くてもいい人。iPhoneというよりも、SoftBankのせいなんだけれども、電波がとにかく弱い。だから、二台目もしくはメール中心でコミュニケーションをとる人ではないと辛いかもしれない。

MacやPCのようにネットを使いたい人。ケータイのフルブラウザだと、なんだかんだで制限が大きい。ただし、Flashが見れないので、この要件が大きい人はAndroidにすべきだと思う。

iTunesで音楽を管理している人、iPodを使っている人。まとめるのはほんとうに便利。利便性を求める人には最適だと思う。

充電の手間に耐えられる人。バッテリーが一日もたないので、職場で充電したり、予備のバッテリーを持ち歩く手間がかかる。

パケット定額サービスに加入していて、定額まで使い切る人。パケット定額が必須なので、メール無料プランでパケットをあまり使わない人は料金が上がります。SoftBankにかかわらず、docomoやauでも同じです。

生活はどう変わったか?

個人的には便利なアプリが多く、電子辞書や書籍、新聞、ノートPC、大量の書類など、かさばっていたものがまとめられて生活が変わりました。

いままで、休日でも仕事で待機していたり、仕事道具を持ち歩いていましたが、出先で添付書類を確認できますし、大量の書類もPDFにして持ちあるけば、荷物量は天と地の差です。

また、すぐに使えるので、いろいろな連絡へのレスポンスもすぐにできます。Bluetoothキーボードがあれば、ポメラ代わりにもなりますし(この文章もそうです)。ノートPCなしでも、大抵のことができるのは素晴らしいと思います。


iPhoneからの投稿。
あとで追記する可能性があります。

iPhone×Nike+で始める「ゆるジョギング」

iPhoneを活用して、ジョギングをゆるく続ける

健康維持のために、週1回30分程度のジョギングをゆるく続けていますが、
iPhoneや便利な道具と組み合わせることで、より楽しく続けられています。

理由としては、「簡単に目標を設定でき、ジョギングの記録をiPhoneが自動でつけてくれる」からです。
見える化という言葉がありますが、こういったことこそITにまかせるべきでしょう。

以前書いた次のエントリーとかぶる点もありますが、ご容赦ください。

iPhoneジョギングに使えるグッズ

Bluetooth対応ネックヘッドセット「Motrola S305」

Nike+iPod

まずは、Nike Runningのウェブサイトにアクセスして、
ユーザーIDを入手します。
また、ここで目標を立てることをお勧めします。

iPodセンサーをiPhoneに認識させると、
iPhoneに「Nike+iPod」アプリが出現します。
※iPodセンサーは次項で説明します

IMG_1412

アプリでは、時間・距離・消費カロリーを目標として、
ランニングすることができます。

いまのところ、私は「時間」でワークアウトしていますが、
時間を超えても記録してくれるので助かっています。

プレイリストを聴きながら走ることができ、
目標の半分、残り5分から1分ごとにカウントダウンしてくれます。

やめるときは、ボタンを押すだけです。

IMG_1413

最初の記録は、実際の距離と比較して調整します。
Googleマップの尺度機能を使えば、距離はすぐに導き出せます。

記録はボタン1つでNike+サイトに送信できるので、
簡単に記録していくことができます。

IMG_1399

ちなみに、ウェブサイトではいままでの記録が確認できます。

IMG_1400

英語ですが、難なく利用できると思います。

IMG_1401

ウェブサイトのほうがビジュアルでわかるので、
コツコツ続けるモチベーションがアップします。

iPod(iPhone)対応センサー

iPhoneで「Nike + iPod」アプリを使うには、
Apple Nike + iPod Sensor MA368J/Eを購入しなければなりません。

IMG_1382

丸井のFIELDで2,200円で購入。アップル製品を扱っている大手量販店か、
大きめのスポーツ用品店、もしくはネットショップで売っています。

充電はできないので、そのつど購入する必要があるようです。
1~2年ほど持つみたいです。

これを購入することから、iPhone×ジョギング生活が始まります。

Nike+対応のランニングシューズ

iPodセンサーはセンサーホルダーを購入して利用できますが、
専用シューズでの利用との差が出るようです。

IMG_1396

ジョギングで利用しいたシューズが壊れたので、
NIKE AIR PEGASUS+ 26を購入。

左足のインソールをめくって、iPodセンサーを入れます。

ハイテクシューズを購入したのは初めてですが、
軽くてクッション性が高く、ビックリしました。
メッシュ素材で、通気性もバッチリです。

Amazonで5,600円と格安でした。
旧製品ながら、十分使えます。

ついでに、ランニング用ソックス(1,000円台半ば)や
コンプレッションインナー(2,000円~)を使えば、
ジョギングがより楽になります。

アームバンド

左腕に固定すれば、iPhoneの重さを感じにくくなります。

ARMSHELL(アームシェル)

asicsのiPhone用アームバンドを使っています。

ケースに入れた状態でiPhoneを収納可能で、
外側のポケットにカギを入れています。

定価1995円。B&D吉祥寺店で購入しました。

Bluetoothヘッドバンド

ケーブルレスの快適さは、音質に勝ります。

MOTOLOLA S-305を使っています。

オープンエアなので、車の音が聞こえますし、
ネックバンドなので、ズレることもありません。

音量調整はもちろん、iOS4.1から本体のボタンで
曲送り・戻しが可能になったので、気分に合わせて選曲できます。
また、電話がかかってきても通話することができます。

6時間駆動なので、毎日充電する必要はありません。

Amazonで6,762円と、音質の割には少々高めですが、
それ以上の価値があります。

Bluetooth対応ネックヘッドセット「Motrola S305」

コストパフォーマンスがいいBluetoothヘッドセットを探して…

Bluetoothキーボードで無線の味をしめたので、
今度は音楽環境も無線にしてみようとしました。

とはいえ、コストパフォーマンス重視の私としては、
1万円以下は死守したいと思っていました。

また、好みのイヤホンを挿せるタイプもありますが、
それでは結局はコードレスにならないので、そのタイプも除外しました。
そうすると、おのずと選択肢は次のように限られてきます。

DR-BT140Qが有力でしたが、USB充電ができないのでパス。
DR-BT101も魅力的でしたが、大型なので持ち歩かない。
そうなると、S-305しか選択しようがありませんでした。

IMG_1069[4]

第一印象は「チープ」

Amazonで6,762円と、まあまあな価格でしたので、妻に内緒で購入。
現物を手にとった第一印象は「ちゃっちい」です。有線ならば2,000円弱、モトローラのロゴを考慮しても、とても6,000円には思えないチープさ。

音はそれなり

ネットのクチコミだと、音はなかなかいいとありますが、
「思ったよりもいい」だけで、
1,000円台のネックバンドと大差ありません。

でも、密閉型ではなく、オープンエアなので、
正直気になりません。

無線による音飛びは非常に少ないものの、
若干のタイムラグはあります。
音ゲーや冒頭にサビがあるような曲だと違和感が若干あります。

iPhoneとのペアリングは簡単だけれども

ペアリングは非常に簡単で、ヘッドセットの電源を入れて、
iPhone側で認識するだけです。
もちろん、いちいちペアリングする必要はありません。

ただ、PCとのペアリングに難ありです。
機種にも寄るんでしょうが、
ドライバを互換性のないものに変えたりして、
ようやくペアリングできました。

会社のWindows XPマシンだと、いまだにペアリングできません。
Bluetoothのレシーバーまで変えたのですが…。

iPhoneを操作しながらの通話は便利

電話もできます。
大声で話さなくてもちゃんと聞こえるようです。
iPhoneで確認や入力しながら電話できるので、
個人的には、電話機能はとても重要。

駆動時間はそれなりに長い

6時間駆動するので、それなり実用性があります。
電池量が少なくなると、警告音がなるので便利。
また、MicroUSB充電にも対応しているので、
別途ケーブルを購入して会社にでも置くと確実です。

無線には音質以上の価値がある

音質はともかく、ケーブルレスは非常に快適です。
満員電車などでは、iPhoneから伸びたケーブルが引っかかることが多いですしね。
また、断線がないので、バッテリーの限り長く使えそうです。

Bluetoothキーボードとの相性がいいPhilipsのスタンド付きiPhoneケース

Bluetoothキーボード「TK-FBP013」を購入してから

その使いやすさに夢中になっています。

iStandを使っているのですが、
ケース自立できれば便利だと感じていました。

また、iPhone4が発売されてから、旧式のiPhone3GSのアクセサリーが
セールされているので、Pholipsの「DLM69149/17」を購入しました。

DSC02972

マットな質感で、高級感があります。

DSC02973

カッチリ埋め込まれているスタンドを立てることで自立できます。
スタンドは見た目よりも丈夫だと思います。

DSC02974

「TK-FBP013」と並べてみました。
いままでノートPCを持ち歩いていたことを考えると、
軽さ・スペースがだいぶ小さくなりました。

ここまで実用的かつコンパクトなガジェットは初めてで、
毎日便利さを感じています。