レトロでモダンな立川の老舗カレー喫茶店「あちゃ」

立川のあちゃに行きました。
気になっていた老舗で、お年を召されたマスターがいると聞いていましたが、
代替わりしたようでした。

キーマカレーランチは900円。
サラダとドリンク付き。
土日でもランチセットがあります。

味はスパイシーで、「昔ながら」というよりも、モダンな味だと感じました。
付け合わせはナムルです。
見た目よりもボリュームはあります。

先に出てくるサラダはグレープフルーツソースがかかっており、
カレーと合わせて食べると、辛さを抑えられます。

コーヒーは少し酸味を感じるものです。
ゆったりした雰囲気で、本でも読みながら食後にくつろげるのはありがたいです。

お店の雰囲気は、レトロであたたかみがあります。
タコライスや焼き菓子などもあり、女性のお客さんもいました。

神保町のラドリオやミロンガも代替わりして、レトロかつ素敵なお店だと思いますが、
こちらもそういったお店だと感じました。

あちゃカフェ / 立川駅立川南駅立川北駅

昼総合点★★★★ 4.0

2種類の麺を淡麗スープで一度に楽しめる「神田勝本」

神保町の神田勝本に行きました。


清湯つけそばは830円。
大盛は100円増しで、440gになります。

やや硬めの細麺と、もっちりした中太麺の二種類の麺があります。

淡麗とのとおり、雑味のない醤油味。
少ししょっぱく、麺を最大限味わうつけめんだと感じました。

卓上には一味唐辛子と黒七味があり、山椒がピリッと痺れる黒七味がとくに合います。

具材はトロトロのチャーシューです。
かなり満腹になりました。
高級感もあり、他にはない味なのですが、
非常にシンプルなつけめんなので、大盛だと途中で飽きるかもしれません。

スープ割は三つ葉、柚子かスダチのすり下ろしが追加されます。
スープ割りの完成度の高さから、ラーメンの方がいいかもと感じました。

お店は非常にシックな印象です。

神田 勝本つけ麺 / 神保町駅新御茶ノ水駅御茶ノ水駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0

菓子パンからお酒にあうパンまで幅広い。西国分寺「Boulangerie AYAKA(ブーランジェリー アヤカ)」

西国分寺にあるブーランジェリー アヤカでたまに購入します。

昔は南部という天然酵母がウリの有名店でした。
一時期アイリッシュ料理店になり、数年前にこちらのお店になりました。

こちらのお店はミルクフランスのような菓子パンから
お酒にあうパンベーコンやチーズ入りのパン、
本格的な食事パンまで、幅広く、しかも割安です。
ハズレがなく、近場に寄ったときは購入しています。

西国分寺駅から10分弱とありますが、行く価値があります。

多摩総合医療センターから近いです。

Boulangerie AYAKAパン / 西国分寺駅

昼総合点★★★★ 4.5

良心的な価格で、子連れでもゆっくり食事ができる。武蔵小金井「手作りハンバーグの店葦」

武蔵小金井の手作りハンバーグの店葦(あし)に行きました。
土日でもランチメニューがあります。

葦特製ステーキ丼は880円。
アンガス牛で、焼き加減はレアです。
ポン酢風のソースとワサビ醤油が添えられています。
都心では肉盛りメニューが1000円超えだったりするので、
かなりお得です。

葦和風ハンバーグ御膳は900円。
コロッケなど、サイドメニューも選べます。

ランチには味噌汁かコンソメスープがつきます。
卓上のドレッシングは和風とフレンチで、ハンバーグソースはオニオンソース。

100円でドリンクを付けられます。

葦お子様プレートは700円。
これにオレンジジュース、シャーベット付き。

非常にお得で、おそらくポテトフライ以外は手作りです。

 

昼に行きましたが、混んでおり、老若男女様々な人がいました。
子連れも可能で、非常にありがたいです。

禁煙ではなく、分煙ですが、煙は気になりません。
ワインもフルボトル2500円からと良心的。

四十年以上の老舗で、典型的な町の洋食店です。
こういったお店は非常にありがたいです。

近場のウッドストックやカロリーハウスに比べて、こちらのほうが好みです。

ハンバーグレストラン葦ハンバーグ / 武蔵小金井駅

昼総合点★★★★ 4.0

お酒も楽しめる本格派そば店。谷保「きょうや」

谷保のきょうやに行きました。
以前から気になっていたお店です。

季節の桜えびのかきあげせいろは1600円。

 

 

天ぷらせいろも同じくらいの価格です。

手打ちそばやつゆの風味のよさ、
天ぷらのサクサク感と、非常に満足できるそばでした。

本格的なそばだけではなく、日本酒や酒肴も豊富です。
黒龍などもあり、価格も都心の居酒屋よりも良心的と思います。

昼時は混んでいるので、ちょっと時間をずらした方がいいと思います。

子連れでも問題ないですが、お酒も楽しむような本格的なお店なので、
夫婦やお酒を飲める友人と行く方がいいかもしれません。

きょうやそば(蕎麦) / 谷保駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

キャンプ気分を味わえるアウトドアメーカーの公式レストラン・昭島「スノー ピークイート」

昭島のアウトドアビレッジにある

キッズセットは680円。
こぶし大のオムライス、ハンバーグ、スパゲッティ、プリン、ポテトと、
子供が好きなものばかりです。

サラダバーとドリンクバーがあります。
種類も豊富だと思います。

こちらはカレー。キャンプ風で具材もごろごろ入っています。
辛さもマイルドなものから本格的なものまであります。

アボカドと菜の花のハンバーガー。1300円くらいだったと思います。
シェラカップに入っているオニオンリングも絶品。

ビレッジバンガードダイナーなど、本格的なお店にも負けないおいしさで、
非常にジューシーです。

このお店ならでは、シェラカップに自分でコーヒーを淹れることができます。
キャンプ気分を味わうことができ、満足しました。

子連れも多く、料理も満足できるお店だと思います。
店内だけではなく、外のサンシェードでも食事できます。

スノー ピーク イート洋食 / 昭島駅

昼総合点★★★★ 4.0

駅前で子連れOKな本格派一軒家レストラン「シンガポールシーフードリパブリック品川」

品川高輪口にあるシンガポールシーフードリパブリック品川に行きました。
シンガポール政府オススメの4店の料理を楽しむことができます。

一軒家レストランで以前から気になっていましたので、
水族館ついでにランチを食べることにしました。

名物の海南鶏飯は1250円。

ネギ油、辛目、こってり目の黒ソースの3種類のソースで蒸した鶏肉を食べます。
鶏肉のダシがきいたチキンライスが絶品。インディカ米で本格的です。

チャウクワイティーは980円。

米粉の麺をダークソイソースしており、こってりした甘みがあります。
ライムであっさり、辛み香辛料が別盛りと、味を変えることができます。

ミーゴレンに近いかもしれません。

各料理にはこちらの春雨サラダがついています。
甘辛です。

お子様ランチは980円。
オレンジジュース付き。

お子様ランチとはいえ侮れず、本格的な味わいです。
オマケと思っていた炒飯もインディカ米でパラパラしており、本格的でした。

お子様ランチにはアイスもついています。

期待通りのお店で大満足です。
本当は看板にあるカニでも食べようと思ったのですが、予算的に断念しました。

頼んだものすべてがおいしく、子供が辛いものもOKになったら、
辛目のメニューにもチャレンジしたいです。

中庭があり、そこでは若干騒いでも問題ないので、
子連れにはありがたいお店でした。

シンガポール シーフードリパブリック 品川東南アジア料理(その他) / 品川駅高輪台駅北品川駅

昼総合点★★★★ 4.0